人気海外ドラマ「フレンズ」は白人主義ドラマ!? この批判にフィービー役のリサ・クドローが反論

「フレンズ」
「フレンズ」

大人気海外ドラマ「フレンズ」で知られる女優のリサ・クドローは先日、英タイムズ紙のインタビューに応じ、ドラマへの批判について言及した。

1994年から2004年まで放送されたこのドラマは、世界中で大ヒット。今も多くのファンに愛され続けている。また今年、キャスト再集結の特別エピソードも公開される予定だ。

同ドラマのフィービー役で知られるリサ・クドローはインタビュー内で、同ドラマが「白人主義」だと今も批判されていることについて言及し、もし現代版にリニューアルされたらどのようなものになるか、その構想についても明かした。

「全く違うものになるでしょうね」と語り始めたリサは、「間違いなく、キャスト全員が白人ということはないわ」とコメント。さらに、「あの作品は、当時を反映しているものとして見てほしいの。いいとか悪いとかじゃなくてね」と付け加えた。

また、時代を感じさせない部分もあるとした上で、当時の人々に訴えかける内容もあったと明かした。「このドラマはすごく革新的だったと思うわ。妻がレズビアンだったことがきっかけで離婚したのに、その後生まれた子供を一緒に育てるなんて、当時では考えられないでしょ?それに、当時は一般的でなかった代理母出産も取り上げていたわ。常に新しいことに挑戦していたのよ」と語っている。

リサはこのドラマに参加したことを全く後悔していないと語り、「フレンズ」は単なるコメディドラマではなく、「人々のつながり」をテーマにしたドラマだとコメントした。

さらにリサは、ドラマ内で演じたキャラクター、フィービーが外出自粛の続く現代で暮らしているとしたら、芸術活動に励んでいるか、もしくは子供たちの世話をしているのではないかと冗談まじりに答えた。

「もしフィービーに子供がいたとしてたら、芸術に関してはとことん厳しく教育しているかもしれないわね。やたら大きくて、ちょっと変わった作品ばかり出来上がるの」と語った。

「フレンズ」

ジェニファー・アニストン、ドラマ「フレンズ」再会の撮影現場にいけるチャリティを発表! 夢のような企画、寄付することで応募資格をゲット

2020年4月23日
人気海外ドラマ「フレンズ」

ファンショック! 人気海外ドラマ「フレンズ」復活特別回が、新型コロナウイルスの影響で収録が延期に

2020年3月19日
セレーナ・ゴメスと、ジェニファー・アニストン

セレーナ・ゴメス、海外ドラマ「フレンズ」のレイチェル風ヘアスタイルを披露しファンたち大絶賛[写真あり]

2020年3月12日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、人気海外ドラマ「フレンズ」のセットでツアーガイドになるドッキリを決行! ジャスティンだと知った一般観光客の反応は…?[動画あり]

2020年3月9日
人気海外ドラマ「フレンズ」

「フレンズ」モニカ役コートニー・コックス、ドラマ復活への興奮を語る! 「私たちはついに全員集結したの!」

2020年2月27日
tvgrooveをフォロー!