リリ・ラインハート、セラピーに通っていることを告白! 「セラピーは恥ずべき事じゃないわ」と力強くファンへ呼びかけ

リリ・ラインハート

日本ではNETFLIXで配信中の人気青春ミステリードラマ「リバーデイル」に、ベティ・クーパー役で出演している女優のリリ・ラインハートがセラピーに通い始めたことを報告した。

先週金曜日、リリはインスタグラムを更新。ストーリー機能を使用し、現在の自身の状況について言及した。

そのなかでリリは、「私は22歳。不安や憂鬱な気持ちを感じているわ」と告白。続けて「だから今日、セラピーにまた通い始めたの。私ための自己愛への旅が始まったのよ」とセラピーで精神的な治療を受けていることを明かした。

今回、リリがセラピー再開をファンに報告したのにはある理由があった。彼女は「セラピーは恥ずべき事じゃないわ」とファンに向けて語り、誰もが自身の精神的な葛藤を解決していくべきだと主張。さらに「誰だってセラピストと話すことで良い影響を得られるはず。あなたが何歳であろうが誇りある人間を目指していようがね」と、セラピーに行くべきか迷っている人々の背中を押した。

最後に、「私たちはみんな人間よ。そして、誰だって葛藤してるの。無言で苦しまないでね」と力強いメッセージを贈った。

精神的健康をめぐっては、多くのセレブたちがその悩みを告白している。最近では歌手のセレーナ・ゴメスがリハビリ施設で療養したり、英国のウィリアム王子が自身のメンタルについて告白したりと注目を浴びている話題の一つだ。

[KANREN2 POSTID="4024,4954,2073"]