「ビバヒル」ディラン役ルーク・ペリーが死去 享年52歳

ルーク・ペリー
ルーク・ペリー

俳優ルーク・ペリーが死去。52歳だった。

2月27日、ルーク・ペリーは脳卒中を起こし、米カリフォルニア州の自宅から病院へ救急搬送。以来、入院し治療を受けていたが、3月4日に死去したと、米TMZが報じた。

代理人の発表によれば、ペリーの最期はジャックとソフィらふたりの子ども、婚約者のウェンディ・マディソン・バウアー、元妻ミニー・シャープら家族や、近しい友人に囲まれたものだったとのこと。「世界中のみなさまからルークへ寄せられた、サポートや祈りに感謝しています」との声明を明らかにしている。

ルーク・ペリーは、高校卒業後、1986年に俳優デビュー。1990年から2000年まで放送された、当時の大人気ドラマ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」で、アウトローなキャラクター ディラン・マッケイを演じてブレイクを果たした。番組終了後も、テレビや映画への出演を続けており、2017年からは人気ドラマ「リバーデイル」にレギュラー出演している。

奇しくもルーク・ペリーの急病は、代表作「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」が、この夏、6話構成の新作として復活することが発表されたのと同じタイミングで明らかになった。番組を制作するフォックス・エンターテインメントは、「ルークはいつまでもフォックスファミリーの一員です」との声明を発表。「私たちの思いと祈りは、困難な時期にある、彼が愛した人たちとともにあります。彼の不在を、誰もが寂しく思うでしょう」

ルーク・ペリー

「ビバヒル」ルーク・ペリー、脳卒中で緊急入院

2019年3月1日
「ビバリーヒルズ高校白書」

90年代の超人気ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」がこの夏、帰ってくる! オリジナルキャストが、ほぼ復活

2019年2月28日

人気ドラマ「リバーデイル」、シーズン4の制作が早くも決定! 主演のKJ・アパやカミラ・メンデスが発表[写真あり]

2019年2月4日