トム・クルーズ、『ミッション:インポッシブル7』のクルー&キャストがコロナ陽性になり激怒!? トムは濃厚接触者として自主隔離へ

トム・クルーズ
トム・クルーズ

人気俳優のトム・クルーズが、自身が主演&製作を務める映画『ミッション:インポッシブル7(仮タイトル)』の撮影現場で、キャストやクルーがコロナの陽性反応を示し、激怒しているという。Page Sixが報じている。

昨年、コロナ禍で撮影がスタートした『ミッション:インポッシブル』最新作。厳しい感染対策をしっかり行った上で撮影が行われていたが、コロナの影響は大きく、何度か撮影が中断されていた。そしてトムはコロナ対策に一段と厳しい姿勢をとってきており、対策を徹底しないスタッフに怒鳴り散らしたことでも話題となった。また、コロナウイルスの安全プロトコルを実施するために巨額を費やし、2台のハイテクロボットを購入したことが報じられていた。

そんななか、ザ・サン紙が新たに報じたところによると、ナイトクラブのシーンの撮影期間中に4人のダンサーと、10人のクルーがコロナの陽性反応を示したという。トムは陽性反応が出たスタッフの“数メートル”以内にいたそうで、濃厚接触者として、症状を監視するための自主隔離を行っているという。

情報筋は「撮影スタッフ全員、約60人が、14日間も自主隔離しなければならない」「撮影に多大な影響が出ます。撮影復帰となっても、追い詰められることになるでしょうね」とザ・サン紙に語った。

今回のウイルス拡散は、感染対策に力を入れていたトムにとって、最も恐れていたことが現実になったとも言えるだろう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mission: Impossible(@missionimpossible)がシェアした投稿

映画『ミッション:インポッシブル』は、1996年から続く人気シリーズ。トム・クルーズ演じる敏腕エージェント、ご存じイーサン・ハントの活躍を描き、これまでにシリーズ6作を公開。近年ではトム自身による身体を張ったアクションも見どころのひとつとなっている。

『ミッション:インポッシブル7』は来年5月に米公開予定だが、今回のことで映画の公開も延期になる可能性も出ている。

セス・ローゲンと、トム・クルーズ

セス・ローゲン、トム・クルーズとの初対面時のとんでもない大失態を激白 「すごくオシッコしたくなっちゃって・・」

2021年5月13日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、「製作スタッフ怒鳴りつけ音声流出」騒動の裏側の真相をついに語る! 「当時はいろんなことがあって・・」

2021年5月13日
ゴールデン・グローブ賞受賞時のトム・クルーズ

トム・クルーズ、ゴールデン・グローブ賞のトロフィーを3つすべて返還! 運営側の多様性をめぐる論争で即座に行動を起こす

2021年5月11日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、新型コロナの最前線で活躍する医療スタッフをサプライズ訪問! 「医療現場の人々に個人的に敬意を払いたい」

2021年3月8日
左がディープフェイク、右がホンモノのトム・クルーズ

TikTokにトム・クルーズさんの超ソックリさん登場!? 思わず見入ってしまう動画に隠されたあるヒミツとは・・[動画あり]

2021年3月2日
tvgrooveをフォロー!