キム・ペトラス – 男の子からトランス・ポップ・スターへ!カミラ・カベロのツアーでオープニングアクトを務めた大注目アーティスト、キム・ペトラスがオンライン試聴会を開催! Q&Aで語ったキムの“日本愛”とは?

キム・ペトラス
キム・ペトラス

ドイツ出身、現在はLAに拠点を置くシンガー・ソングライター、キム・ペトラス。過去にカミラ・カベロやトロイ・シヴァンのワールドツアーでオープニングアクトを務め、アルバム『Clarity』(2019)を引っ提げた自身名義の北米・欧州ツアー37公演は即完売と、今大注目のアーティストだ。そんなキム本人が参加する、オンライン試聴会とQ&Aが日本時間9月2日、開催された。

アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフトら所属の⽶Republic Recordsと契約!8/27配信シングル「Future Starts Now」でメジャー・デビュー!

LGBTQ +コミュニティから絶大な支持を受けるキム「愛は等しいものであるべき」

男性としてドイツに生まれたキム。法律上、当時18歳からしか性転換手術を受けられなかった中、キムは13歳から現地のテレビを中心に自分の気持ちを訴えた。その結果、世界から多くの支持の声が寄せられ、特例として手術を認められたキムは、当時、世界最年少の16歳で性転換手術を受けて女性になった。

LGBTQ +コミュニティからサポートされ、アイコン的地位を確立している彼女は、同コミュニティを代表するアーティストの1人となったことを、とても誇りに思っているという。イベント内では「異性であっても同性であっても、愛というのは等しいものであるべき」というメッセージを発信。そんなキムは、まだまだ保守的な日本にあるLGBTQ +コミュニティについて「私はドイツ出身で、アメリカほどオープンじゃない。だから(日本のLGBTQ +コミュニティの気持ちが)すごくわかるわ」と自身の体験を交えて、強く共感した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KIM PETRAS(@kimpetras)がシェアした投稿

日本ラブなキムがLA自宅で“日本に浸る”方法とは?

イベント中、「ありがとうございます」と可愛らしい日本語を披露したキム。幼い頃は、浜崎あゆみやきゃりーぱみゅぱみゅをよく聞いており、昔から日本が大好きだという彼女は、実はまだ来日したことがないと話した。「コロナ禍で家にいることが長くて、日本がこれだけ好きなのに行ったことがないっていうことに改めて気づいたの。寝るときに東京の街を人が歩いている音をYouTubeで聴きながら寝たりして、すごく東京に浸る体験をしたわ。美味しいレストランや買い物したい場所をすごく自分で調べたりして…コロナが終わったら1日でも早く日本に飛びたい!」と日本愛を語ってくれた。

キム・ペトラス

キム・ペトラス

日本のファッションが大好きな彼女が狙っているアイテム

インスタグラムで色鮮やかなファッションを披露しているキムは、原宿系のカワイイ文化などから影響を受けているのかという質問に対して「100万%、原宿のファッションが好き!」と即答。キムは、日本のストリートファッションをよくウェブサイトでチェックしているそうで「日本のファッションセンスはすごくかっこいいと思ってる。私もいつか日本に行ってお買い物したいと思っているわ」と改めて来日を望んだ。「特に日本の手作りのデニムはアメリカでもすごく評判が良くて、デニムもほしい。10代の時は、家の近くにあった日本のお店に行って、リボンとかハローキティとか日本っぽいものをよく買い集めてたわ。日本のファッションは大好きよ」と大興奮で話した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KIM PETRAS(@kimpetras)がシェアした投稿

日本語はアニメで勉強中!?

Q&Aのあいだに、何度か日本語を披露したキムは、「日本語はあまり話せるワケではないけど、よくアニメは音声を日本語、字幕を英語で見てるわ。そこから発音を習得しようと試みてはいるんだけど、まだまだいっぱい勉強することはある」と、なんと大好きなアニメで発音を練習していると明かした。「私の母国語はドイツ語なんだけど、発音が日本語とところどころ似ていると思う。だから、そこに希望を持ってがんばってみたいわ(笑)」と笑顔で意気込んだキム。近い将来、彼女が日本語を流暢に話す姿が見られるかもしれない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KIM PETRAS(@kimpetras)がシェアした投稿

夢のコラボ相手は?

今後コラボしたい相手について聞かれたキムは、世界的女性ラッパー・M.I.A.とのコラボが夢だと語った。「彼女はそもそもあまりコラボレーションをしないアーティストなので、そこに参加できたら、本当に光栄に思うわ」とコメント。また自身がとても影響を受けたというダフト・パンクについては「もう解散しちゃったんだけど、もし戻ることさえあれば、いつかコラボレーションしたいな」と話した。他にも、BLACKPINKの大ファンだという彼女は、リサとのコラボも切望しているという。

M.I.A.↓↓↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

M.I.A.(@miamatangi)がシェアした投稿

最後に日本のファンへメッセージ

「私の音楽はすごくポップで、みんなの1日をより明るく彩るものにしたいという思いを込めて作っているの。私の音楽で勇気づけられる人が1人でも多くいたらなと思うわ! 日本に直接行ける日を楽しみにしています」「ありがとうございます」と最後は日本語で挨拶し、Q&Aは幕を閉じた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KIM PETRAS(@kimpetras)がシェアした投稿


アーティスト情報

◆ドイツ出身、LAに拠点を置くシンガー・ソングライター。
◆Lauvをはじめとする気鋭アーティストを抱えるレーベル型音楽ディストリビューション”AWAL”出身。
◆シングル「I Don’t Want It All」がSpotify Global Viral 50 Chartで1位獲得。

◆その後Spotifyが世界的に注目すべき新人を発掘するプログラム“RISE”の第1弾アーティストにも抜擢。
◆カイゴやチャーリーXCXなどともコラボ済み
◆カミラ・カベロやトロイ・シヴァンのワールドツアーではオープニングアクトも務める。
◆アルバム『Clarity』(2019)を引っ提げた自身名義の北米・欧州ツアー37公演は即完売という凄まじい人気を見せる。

tvgrooveをフォロー!