米長寿バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」、いつもの「おちゃらけ」要素を封印! オープニングを急きょ変更し、ウクライナに捧げる歌を披露、ロシアの軍事侵攻受け[動画あり]

コーラスグループ「Ukrainian Chorus Dumka of New York」
コーラスグループ「Ukrainian Chorus Dumka of New York」

先週の「サタデー・ナイト・ライブ」のオープニングは、いつもとは雰囲気の異なるものだった。

「サタデー・ナイト・ライブ」といえば、アメリカで1975年から放送されている長寿バラエティ番組。オープニングではショートコントなどを披露し、笑いから入るのが通常の流れだ。

しかし2月26日(土)の放送回のオープニングで登場したのは、ニューヨークで活動するウクライナ人によるコーラスグループ「Ukrainian Chorus Dumka of New York」だった。

グループが番組の出演者であるケイト・マッキノンとシシリー・ストロングによって紹介されると、全員で「Prayer for Ukraine(ウクライナに祈りを)」という曲を披露した。

このオープニングは2月24日(木)、ロシアがウクライナに対して軍事侵攻を開始したことを受けて急きょ変更されたオープニングだった。

コーラスグループの前にはキャンドルが立てられ、この日にロシア軍が攻撃を開始した都市「KYIV(キエフ)」の文字がつづられていた。

「サタデー・ナイト・ライブ」のようなバラエティ番組が、「おちゃらけ」要素を排除し、シリアスなトーンからスタートするのは今回が初めてではない。

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ。この事件の後最初の放送では、当時のニューヨーク市長だったルドルフ・ジュリアーニとニューヨーク警察、消防士たち、そして歌手のポール・サイモンが一緒に「The Boxer」を披露している。

また2016年、ドナルド・トランプがアメリカ大統領選に勝利した際には、ヒラリー・クリントンに扮したケイト・マッキノンがレナード・コーエンの「Hallelujah」をピアノで演奏した。

ブレイク・ライブリーとライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー、ロシアのウクライナ侵攻による難民に、1億円以上の寄付を約束! 「彼らは保護を必要としている」

2022年2月28日
ショーン・ペン

ショーン・ペン、ロシアのウクライナ侵攻は「残酷な過ち」と主張!「プーチン氏は全人類にとって最も恐ろしい過ちを犯したことになる」・・現地でドキュメンタリーを撮影

2022年2月28日
アシュトン・カッチャーとミラ・クニス

アシュトン・カッチャー、妻ミラ・クニスの母国ウクライナのサポートを表明! ロシアのウクライナ侵攻を受け ・・ミラは7歳までウクライナで育つ

2022年2月28日
HBO Maxの新ドラマ「ピースメーカー」

ジョン・シナ、ウクライナ侵攻を「ピースメイカー」シリーズの宣伝に利用したとして非難を浴びる・・ツイッターは炎上、彼がつづったこととは?

2022年2月27日
tvgrooveをフォロー!