『スパイダーマン』のスピンオフ『El Muerto』の主人公に、人気歌手バッド・バニーが大抜てき! マーベル映画では初のラテン系ヒーローが誕生へ

バッド・バニー
バッド・バニー

人気歌手バッド・バニーこと、ベニート・アントニオ・マルティネス・オカシオが、ソニー・ピクチャーズの新たなマーベル・ヒーローとして起用され、『El Muerto(原題)』で主演を務めることが明らかになった。米Varietyが伝えている。

バッド・バニーは、ラスベガスで毎年開催される、映画館経営者の集まりである「CinemaCon」で、ソニー・モーション・ピクチャーズ・グループのサンフォード・パニッチ社長から紹介された。ラテン系俳優がマーベル実写映画の主役を務めるのは初めてのことだ。

コミックの中でエル・ムエルトは、先祖代々受け継がれてきた力を持つレスラー。マーベルの公式サイトによると、このマスクによって超人的な力を得ることができるという。また物語では、エル・ムエルトはスパイダーマンとリング上で戦う場面もある。

そんなエル・ムエルト役を演じるバッド・バニーは「エル・ムエルトに命を吹き込むなんて、信じられない…とてもエキサイティングだよ」と語り、起用されたよろこびを明かしている。

これまで映画『スパイダーマン』は、トビー・マグワイアから、アンドリュー・ガーフィールド、そしてトム・ホランドと、20年以上の歳月をかけて、その役が引き継がれてきた。その人気は衰えることを知らず、現スパイダーマンを務める、トム・ホランド主演の最新作『スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム』は世界中で大ヒットを記録している。

また、トム・ハーディとミシェル・ウィリアムズの『ヴェノム』、ジャレッド・レトの『モービウス』、アカデミー賞を受賞したアニメ映画『スパイダーマン:イントゥ・ザ・スパイダーバース』などのフランチャイズも誕生している。

さらに、今後のソニー・マーベルのプロジェクトとしては、2023年7月7日に公開予定のダコタ・ジョンソン主演の女性主導のアドベンチャー『Madame Web』、2023年1月13日に公開予定のアーロン・テイラー=ジョンソン主演『Kraven the Hunter』が控えていることから、バッド・バニー主演の『El Muerto』にも注目が集まりそうだ。

『El Muerto』は、2024年1月12日に公開が予定されている。

「マーベル スパイダーマン/フェスティバル」

『スパイダーマン』の期間限定イベント「マーベル スパイダーマン/フェスティバル」がついに大阪に上陸! 撮影で使用した衣装を展示や多彩な限定商品など

2022年4月13日
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 歴代スパイダーマン3人の「NGシーン」の一部を特別公開! 和気あいあい撮影現場の雰囲気や、クスっと笑えるシーンも満載[動画あり]

2022年4月13日
ゼンデイヤ(左)、トム・ホランド Photo: Joel C Ryan/Invision/AP/Shutterstock

『スパイダーマン』トム・ホランド、あの大先輩との対面に大緊張! 心を落ち着かせるため恋人ゼンデイヤをわざわざ現場に呼び寄せていた…? トムが怖気づいてしまった人物とは・・?[ネタバレあり]

2022年4月7日
アンドリュー・ガーフィールド

『アメイジング・スパイダーマン3』実現の可能性は? ファンの期待が高まる中、アンドリュー・ガーフィールドがユニークに回答し盛り上がる!彼の放った一言とは?

2022年4月1日
バッド・バニー

ラテン系人気ラッパー バッド・バニー、新曲「Yonaguni」の中でなんと“日本語”を披露! 「今日は〇〇したい」と、18禁な日本語にファンたちも思わずビックリ[動画あり]

2021年6月5日
tvgrooveをフォロー!