ブラッド・ピット主演『ブレット・トレイン』、日本公開洋画No.1! すでに興行収入4億円突破

『ブレット・トレイン』
『ブレット・トレイン』

伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリー・アクション『ブレット・トレイン』。

9月1日(木)から公開となった本作の興行成績は、週末土日2日間(9月3日~4日)で動員167,721人、興行収入256,733,940円となり、洋画No.1の大ヒットスタートを切りました。公開初日9月1日(木)から9月4日(日)までの4日間の累計成績は、動員283,633人、興収412,224,880円となりました。

日本公開前には、主演のブラッド・ピットとともに、アーロン・テイラー=ジョンソン、真田広之、デヴィッド・リーチ監督らが来日し、東海道新幹線のぞみを貸し切り東京駅から京都駅までを動く「史上初のレッドカーペット・イベント」や京都でのジャパンプレミアで盛り上がった本作。

長年のブラピファンからデッドプールファン、伊坂幸太郎ファンまで、幅広い年齢層のお客様が映画館へ詰めかけ、SNS上では、ブラピかわいい、カラフルでポップな日本描写、米原駅、謎のゆるキャラ・モモもん、しっかりと感じられる伊坂幸太郎の原作味、レモンとタンジェリンが最高、怒涛の伏線回収、絶妙な日本楽曲など、多角的な面で盛り上がりを見せ、とにかく楽しいと話題になっています!加速する面白さの本作に、どなた様もお乗り遅れなきようご乗車お願いいたします!


『ブレット・トレイン』 (原題: BULLET TRAIN)

■原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)

■監督:デヴィッド・リーチ

■脚本:ザック・オルケウィッツ

■レーティング:R15+

■キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、

ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、

バッド・バニー(ベニート・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック

■日本語吹替版声優:堀内賢雄(レディバグ)、山本舞香(プリンス)、津田健次郎(タンジェリン)、関智一(レモン)、木村昴(ウルフ)、井上和彦(エルダー)、阪口周平(キムラ)、立川三貴(ホワイト・デス)、フワちゃん(ホーネット)、マリア(米倉涼子)

■オフィシャルサイト:https://www.bullettrain-movie.jp

■オフィシャルTwitter:https://twitter.com/BulletTrainJP

■オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BulletTrainJP/

■ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga

■ソニー・ピクチャーズ映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/

■ソニー・ピクチャーズ映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga

『ブレット・トレイン』来日オフショット

『ブレット・トレイン』来日したブラッド・ピット、真田広之らキャスト同士の貴重な仲良しオフショットが公開[写真あり]

2022年8月27日
『 ブレット・トレイン 』新幹線で“動く”レッドカーペット・イベント

ブラッド・ピット、真田広之らが乗車し登壇! 東京駅から京都駅へ・・『ブレット・トレイン』史上初!新幹線での “動く”レッドカーペット開催[写真あり]

2022年8月24日
ブラッド・ピット

ブラピが京都に降臨! 映画『ブレット・トレイン』の“舞台”となった新幹線から降り立ち感無量! レカペでファンと交流、共演の真田広之らとじゃれ合う一幕も

2022年8月23日
左からアーロン・テイラー=ジョンソン、ブラッド・ピット、デヴィッド・リーチ監督、製作のケリー・マコーミック

ブラッド・ピット、新作『ブレット・トレイン』のPRのため3年ぶりに来日! 不運な主人公のために日本のお寺で「厄払い」を初体験&ヒット祈願! 貴重な体験に感極まり「涙目になりました」

2022年8月22日
アーロン・テイラー=ジョンソンとブライアン・タイリー・ヘンリー

『ブレット・トレイン』夫婦のような“殺し屋コンビ”? アーロン・テイラー=ジョンソンとブライアン・タイリー・ヘンリーによるキャラクター紹介特別映像が公開[動画あり]

2022年8月17日
tvgrooveをフォロー!