ジャスティン・ビーバー、飲料水製造会社「ジェネロシティ」を設立! 現在開催中の「W杯」の会場にも水飲み場を展示 「世界中の人々が最高の水を手に入れられるようにしたい」

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーは、世界の飲料水をより持続可能なものにしたいと願っているようだ。CNNが報じている。

今回、人気歌手のジャスティン・ビーバーと、実業家のマイカ・クラバルホは、ボトルウォーターブランド「ジェネロシティ(Generosity)」を立ち上げた。同社はウォーター・テクノロジー企業へと進化させ、世界中に詰め替え可能なプレミアムアルカリ水を提供する。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Generosity™️(@generositywater)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Generosity™️(@generositywater)がシェアした投稿

現在、カタールで開催されている「FIFAワールドカップ」で、「ジェネロシティ」は150台の水飲み場を展示。ジャスティンはCNNの取材で、同ブランドの社会的インパクトのある取り組みについて語った。

「僕は、世界中の人々が最高の水を手に入れられるようにしたいです。また、各国には自国民を守る最善の方法を知ってほしい。プラスチックの使いすぎが僕たちを苦しめているのです。私たちはもっと持続可能でなければなりません」

「ジェネロシティ」は、プレミアムな水を提供するだけでなく、プラスチックの使用量を減らすことを目的としているという。

「私たちは、使い捨ての包装に代わる、詰め替え可能な製品で消費者に力を与え、ウォーター・テクノロジーにおけるグローバル・リーダーになることを目指しています」と共同設立者のマイカ・クラバルホは述べている。

ジャスティンとクラバルホは最近カタールを訪れ、同国の首長の妹であるシェイカ・アル=マヤッサと会ったという。

「私は、長年カタールのビーチクリーンアップ活動に参加しており、汚染が自然環境に与える影響を目の当たりにしてきました。『ジェネロシティ』や最高委員会が行っているような取り組みや、より持続可能な未来を提唱するために世界の芸術界を結集した『FIFAワールドカップ カタール2022』のアートウォーターボトルなどのプロジェクトを通じて、ワールドカップ期間中はもちろん、その後も私たち全員が自分の役割を果たすことが奨励されています」とシェイカ・アル=マヤッサは、プレスリリースで述べている。

同社は来年、さらに主要な会場、フェスティバル、そして家庭でその提供の幅を広げていくことを目標としているという。

ジャスティン&ヘイリー・ビーバー夫妻

親日家のジャスティン・ビーバー、日本が忘れられない!? 日本からアメリカに帰国早々、妻ヘイリー・ビーバーらと寿司ディナー[写真あり]

2022年12月1日
ジャスティン・ビーバー、ヘイリー・ビーバー(右)

ヘイリー・ビーバー、日本で撮った写真を使って夫ジャスティン・ビーバーに感謝! 今月中旬には2人で緊急来日[写真あり]

2022年11月29日
ジャスティン・ビーバーと、ヘイリー・ビーバー

緊急来日が話題になったジャスティン・ビーバー、実は三重県にも行っていた! 新幹線に乗って東京から移動 人里離れた場所でゴルフをエンジョイ

2022年11月28日
ケンダル・ジェンナーと、ヘイリー・ビーバー

ケンダル・ジェンナー初来日! 日本でジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ビーバー夫妻と合流!「東京、愛してるわ」[写真あり]

2022年11月22日
ジャスティン・ビーバー

来日したジャスティン・ビーバー、なんと「変装」をして東京観光をエンジョイ! 思わず笑ってしまう、ジャスティンの“ベタ”な変装とは・・?[写真あり]

2022年11月22日
ジャスティン・ビーバーと、ヘイリー・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、日本で撮影したツーショットを添え妻ヘイリー・ビーバーの誕生日をお祝い! 「君のすべてに夢中だよ」[写真あり]

2022年11月22日
tvgrooveをフォロー!