【新たな天才子役が誕生】「アソーカ」で少女時代のアソーカを演じた女優に注目集まる! 『バービー』やマーベル作品にも出演している期待の新星とは

新たな天才子役に注目集まる(@ahsokaofficial / X)NEWS
新たな天才子役に注目集まる(@ahsokaofficial / X)

スター・ウォーズ:アソーカ」第5話に出演した若き女優に注目が集まっている。

この記事には「アソーカ」第5話のネタバレがあります。

「アソーカ」最新エピソードとなる第5話は大きな話題を呼んだ。まずはアニメ映画「クローン・ウォーズ」および同名のアニメシリーズで描かれた、アソーカ・タノとアナキン・スカイウォーカーの師弟関係が再び描かれ、アナキン役としてウワサどおりヘイデン・クリステンセンが戻ってきたからだ。しかし、話題を生んでいる俳優はヘイデンだけではない。

過去の回想シーンが登場し、ティーン時代のアソーカを演じた女優も話題となっているのだ。

ティーンのアソーカを演じたのは、アリアナ・グリーンブラット(16)。そんなアリアナが今、「アソーカ」を超えて大きく話題になっている。なぜかというと、アリアナがここ最近の大作でいくつもの役をこなしていたことに映画ファンが気づき始めたからだ。

ティーン・アソーカを演じたアリアナ・グリーンブラット(@ahsokaofficial / X)

ティーン・アソーカを演じたアリアナ・グリーンブラット(@ahsokaofficial / X)

まず『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)』でアリアナは幼少期のガモーラを演じていた。そして、現在日本でも公開中の『バービー(2023)』ではメインの人間キャラである少女サシャを演じている。

それだけではなく、『弱虫スクービーの大冒険(2020)』『ゴリラのアイヴァン(2020)』『ラブ&モンスターズ(2020)』『イン・ザ・ハイツ(2021)』『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(2021)』『65/シックスティ・ファイブ(2023)』など、アリアナは16歳という若さにしてあまりに多い出演本数を誇っている期待の新星なのだ。

バービーではサシャ役を演じたアリアナ(@barbiethemovie / Instagram)

バービーではサシャ役を演じたアリアナ(@barbiethemovie / Instagram)

X(旧ツイッター)でも「実写版クローン・ウォーズはすばらしい。ヘイデン・クリステンセンと、若きアソーカを演じるアリアナ・グリーンブラットが共に輝くチャンスを得て、とてもうまく機能している。彼女が参加した作品は全て勝者となっているよね(『バービー』も『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も)」と彼女を絶賛する声が上がっている。

『スター・ウォーズ』シリーズにもMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)にも出演するという稀有(けう)な偉業を成し遂げた16歳のアリアナ・グリーンブラットの才能に映画ファンも注目している今、今後のプロジェクトによりいっそう期待が高まっている。

「スター・ウォーズ:アソーカ」は「ディズニープラス(Disney+)」で配信中。

Hulu | Disney+ セットプラン[PR]

【動画】「スター・ウォーズ:アソーカ」予告編

◆公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp
◆公式 Twitter:@DisneyPlusJP
◆公式 Instagram:@disneyplusjp
◆公式 facebook:@DisneyPlusJP

tvgrooveをフォロー!