「1D」ハリー・スタイルズ、元カノのテイラー・スウィフトのレコーディングで鉢合わせていた!? 当時の気まず過ぎる状況とは・・?

テイラー・スウィフトと、ハリー・スタイルズ
テイラー・スウィフトと、ハリー・スタイルズ

人気ボーイズグループ「ワン・ダイレクション(1D)」のメンバーで、現在ソロアーティスト、そして俳優として活躍するハリー・スタイルズが、元恋人で人気歌手のテイラー・スウィフトの、あの曲のレコーディング時に鉢合わせそうになっていたようだ。New York Postが報じている。

ハリー・スタイルズとテイラー・スウィフトは、2012年に約3か月だけ交際。ハリーと破局後、テイラーはいくつかハリーとの交際に関するものと思われる楽曲をリリースし、アルバム「Red」収録曲の「I Knew You Were Trouble」や、前々作のアルバム「1989」の収録曲である「Style」と「Out Of The Woods」はハリーについての歌だと言われている。

そんなハリーとテイラーだが、実はテイラーのある楽曲のレコーディングにハリーが鉢合わせそうになっていたという。

その曲というのが、「1989」に収録されている「Welcome To New York」。人気バンド「ワン・リパブリック」のフロントマンであるライアン・テダーは、当時テイラーが「Welcome To New York」をレコーディングする際、80年代のサウンドがほしいということで、キーボード「Juno-106」をスタジオまで持って行ったのだという。するとスタジオのすぐ近くになんとハリーが現れたのだという。

ライアン・テダーは「ぼくはハリーともテイラーとも友だちで、ハリーがぼくにメールで『ヘイ!スタジオにいるんでしょ?ここで何してるの?』と言ってきたんだ。そしてぼくは『テイラーといるよ』と伝えたんだ。そしたらハリーは『オオ!』となって、テイラーは『ハリーだった?ハリーはスタジオのすぐそばにいたの?』と聞いてきてぼくは『やばい』となったんだ。ちょっと気まずかったね。それ以上深入りはしなかったよ」と、当時の状況を語った。

結局テイラーとハリーが会うことはなかったようだが、ちょうどその状況に居合わせたライアンは気まずい雰囲気で大変だったようだ。

テイラー・スウィフト、新アルバムのタイトルに関する最大ヒントを暴露!? 「あなたはすでに2回聞いている」

2019.05.27

テイラー・スウィフト&ブレンドン・ユーリーが「Me!」を生パフォーマンス! 巨大バタフライになるテイラーは必見[動画あり]

2019.05.24

「1D」ハリー・スタイルズ、「グッチ」モデルの新たな動画が公開! 映画のようなノスタルジックな映像にうっとり[動画あり]

2019.05.22

テイラー・スウィフト、伝説バンド「キッス」メイクをしドッキリで登場! 10年前の動画も「かっこいい」と話題に[動画あり]

2019.05.22

「1D」ハリー・スタイルズ、10代の美人モデルと一緒に遊んでいる姿をパパラッチ! 彼女の正体はいったい…?[写真あり]

2019.05.21