急死したディズニー・スターのキャメロン・ボイス、持病「てんかん」に苦しんでいたことが明らかに 死因は現在も不明

キャメロン・ボイス

7月6日に眠ったまま発作を起こしそのまま亡くなったディズニー・チャンネルの俳優キャメロン・ボイスが、生前は持病のてんかんに悩まされていたことが明らかとなった。

ディズニー・チャンネル「ジェシー!」のルーク役や、「ディセンダント」シリーズでカルロス役を演じた俳優のキャメロン・ボイス。キャメロンはこれまで健康上の問題があったと報道されてきたが、TMZによるとその持病はてんかん(癲癇)であったことがわかった。

てんかんとは、大脳の神経細胞が過剰に活動する病気であり、主に発作的なけいれん・意識障害などの症状が出ることが多い。人により症状の深刻さは様々であるてんかん、原因は遺伝的素因、または外傷など人それぞれ。患うと完治することは難しいと言われている。

彼はてんかんを持病として患っていたが、ドラマや映画などの仕事をなんとかこなしていたという。

キャメロンが亡くなっているのを見つけたのは、彼のルームメイト。キャメロンから何の反応もないことを発見し、救急車を呼んだがその場で死亡が確認された。

また7月8日にキャメロンの検死が行われたが、詳しい死因については明らかにならなかったという。検死を担当した人物はプレスリリースにて「死因はさらに詳しい検査を行い解明していく」と発表した。

キャメロンの遺族は、広報を通し「私たちは悲嘆に暮れ、かけがえのない息子、兄弟の死という大変つらい状態の今、みなさんにプライバシーの尊重をどうかお願いしたいです」とコメントしている。

ディズニー・チャンネルの公式ツイッターは、7月7日「とても悲しいニュースをお伝えしなければなりません。『ディセンダント』『ジェシー!』など、ディズニー・チャンネル作品に多数ご出演されたキャメロン・ボイスさんが、20才の若さでご逝去されました。心からご冥福をお祈りいたします」と、キャメロンを追悼した。

急逝したディズニー・スターのキャメロン・ボイス、亡くなる前に4つもの作品の撮影に取りかかっていた! 今後公開予定の作品とは

2019年7月8日

「あなたはすでに天使でした」… ディズニー・チャンネル・スターのキャメロン・ボイスの早すぎる死に、「ディセンダント」キャスト、ゼンデイヤ、アダム・サンドラーらセレブたちが追悼メッセージを投稿

2019年7月8日

ディズニー・チャンネル「ジェシー!」「ディセンダント」のキャメロン・ボイス、享年20歳という若さで死去 遺族がコメントを発表

2019年7月7日
「ディセンダント 3」(仮題)

ディズニー・チャンネル人気TV映画「ディセンダント 3」(仮題)、今秋に日本初放送が決定! 主要キャストの新ヴィランズルックによるキーアートが到着

2019年4月10日

ディズニー・チャンネルの人気TV映画「ディセンダント3」の最新予告編が公開! 謎の新キャラクター「ハデス」も登場[動画あり]

2019年2月17日