テイラー・スウィフトともめている、渦中のスクーター・ブラウンのインタビューが公開! 「テイラーは優しかった」

スクーター・ブラウンと、テイラー・スウィフト

人気歌手テイラー・スウィフト(29)と揉めている最中である、敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウン(38)のインタビューが公開された。米ビルボード誌が伝えている。

テイラー・スウィフトは、デビュー時から去年まで、カントリー・ミュージックに特化したレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」に所属していたが、先月末に同レコード会社が、ジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデの敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンに買収されたというニュースが報じられた。

これを知ったテイラーは、以前からスクーターにクライアントであるジャスティンやカニエ・ウェストを通じて嫌がらせを受けていたこと、そして同レコード会社は自分に版権を持たせてくれなかったことについて長文をSNSに投稿し、世間は騒然となった。

版権を得られなかったというテイラーに対し、レコード会社側はテイラーに版権を与える機会があったにも関わらずテイラーがそれをパスしたとコメントし、いまだに両者の言い分が食い違っている状態だ。

そんな渦中のスクーター・ブラウンと、「ビッグ・マシーン・レコード」のCEOであるスコット・ボーチェッタによる、対談インタビューが米ビルボード誌に掲載された。

インタビューの中では、スクーターのクライアントであるジャスティン・ビーバーが、テイラーの「Fearless Tour」でサポートアクトを務めた時に、スクーターがテイラーに初めて会った時の話があり、スクーターは「『ビッグ・マシーン・レコード』のみなさん、テイラーもスコットも、みんながぼくに優しかったんです。そしてこのことは決して忘れません。そこから私たちの友情が始まったのです」と明かし、レコード会社と自身の関係はとても良好にスタートしていたことを明かした。

レコード会社とスクーターのビジネスでのパートナーシップについての話は当初はなかったようだが、スコットは「そして私たちは、カントリーバンドの『ラスカル・フラッツ』とジャスティン・ビーバーで一緒に何かやろうということになったんです。そしてパートナーシップに関する話は去年の秋から真剣に進みました」と明かした。

インタビューがいつ行われたものかは不確かではあるが、内容を読む限り、スクーターとスコットは、同インタビューの中ではテイラーへの批判などは一切せず、ポジティブな話だけをしたようだ。

テイラー・スウィフト&スクーター・ブラウンの論争にカーリー・クロスが関与していた!? カーリーがスクーターに告げ口したことが発端に・・?

2019年7月14日

テイラー・スウィフト、コンサートで宿敵スクーター・ブラウンを公開バッシング!? …「ウソつき」「汚い人間」[パフォーマンス動画あり]

2019年7月11日

ジャスティン・ビーバー、過去に嫌がらせコメントをしたテイラー・スウィフトへの謝罪文を投稿するも炎上! その理由とは

2019年7月1日

テイラー・スウィフト、過去に所属したレコード会社を買収したスクーター・ブラウンを痛烈批判し長文を投稿! 「ずっと私をいじめてきた」「最悪の悪夢」

2019年7月1日
カーリー・クロス

テイラー・スウィフトと不仲が噂されたカーリー・クロスが現在の関係について語る! 「彼女は本当に〇〇!」[動画あり]

2019年3月18日