エマ・ストーン、ゴールデン・グローブ賞授賞式で公開謝罪! いったいどうして?[動画]

エマ・ストーン(2017)

現地時間1月6日に開催された第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式にて、エマ・ストーン(30)が謝罪。いったい何を謝ったの?

映画「ラ・ラ・ランド」(2016)でゴールデン・グローブを獲得したエマ・ストーンは、今年、「女王陛下のお気に入り」での演技により、助演女優賞部門にノミネート。「小悪魔はなぜモテる?!」(2010)以来、おなじみのアワードだが、第76回授賞式は彼女にとって、痛烈な皮肉から幕を開けた。

ホストを務めるサンドラ・オーは、韓国系カナダ人。ドラマ部門主演女優賞にノミネートされている彼女自身の躍進を含め、昨年は「好きだった君へのラブレター」(NETFLIX)など、アジア系をフィーチャーした作品が光る1年となった。

そのうちの一本である映画「クレイジー・リッチ」は、コメディ/ミュージカル部門作品賞を含む複数カテゴリーにノミネートされており、サンドラ・オーは本作を「アジア系アメリカ人が主人公となった初のスタジオ映画」と称えた。

このとき彼女が引き合いに出したのが、白人であるスカーレット・ヨハンソンが、原作では日系だった主人公を演じ物議をかもした映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017)、そしてエマ・ストーンの主演作「アロハ」(2015)だ。

映画「アロハ」でエマ・ストーンが演じた役柄の設定は、「ハワイの血が4分の1入り、父親が中国系ハーフ」という、白人である彼女自身とは程遠いもの。映画公開時には、ホワイトウォッシュだとさんざん批判された。

そのため本作を皮肉られたエマは、ステージ上のサンドラ・オーに対し、「ごめんなさい!」と大声で謝罪。サンドラが受け入れる仕草をしたことで、長らく続いた論争に、ようやくひとつの終止符が打たれたようだ。

NETFLIX「好きだった君へのラブレター」続編制作が決定! ラナ&ノアからのクリスマスプレゼント[動画]

2018.12.20
tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!