ザック・エフロンが女性を翻弄していく凶悪な殺人犯に! 『テッド・バンディ』の日本公開日決定

ザック・エフロン演じるテッド・バンディ
ザック・エフロン演じるテッド・バンディ

日本以外でネットフリックスで配信され話題となった『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』。本作が日本で劇場公開することが決定した。

本作の邦題は『テッド・バンディ』に決定。そして12/20(金)に劇場公開する。

解禁された予告編

今回解禁された予告編では、ザック・エフロン演じるテッド・バンディのリリー・コリンズ演じる恋人リズとの出会いから、家庭での仲睦まじい様子を描きながらも、シリアル・キラーの語源となった凶悪な殺人犯の裏側にスリリングな展開で迫る。

連続殺人犯のイメージを覆す美しい容姿と知性、雄弁さ武器に、司法・メディア、そして多くの女性たちを翻弄していくテッド・バンディ。どこか魅力的とすら感じてしまう振る舞いに次第に観客も予測不可能な迷宮へと誘われていく。

ストーリー

1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーののリズ(リリー・コリンズ)とは、あるバーで恋に落ちる。

素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。

マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。

突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき・・・。

『テッド・バンディ』ポスター

『テッド・バンディ』ポスター


原作:エリザベス・クレプファー『The Phantom Prince: My Life With Ted Bundy』 脚本:マイケル・ワーウィー 監督 ジョー・バリンジャー
出演:ザック・エフロン リリー・コリンズ カヤ・スコデラーリオ ジェフリー・ドノヴァン アンジェラ・サラフィアン ディラン・ベイカー ブライアン・ジェラティ
ジム・パーソンズ/ジョン・マルコヴィッチ 原題:Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
提供:ファントム・フィルム ポニーキャニオン 配給:ファントム・フィルム R15+ ©2018 Wicked Nevada,LLC
配給・宣伝問合せ ファントム・フィルム 03-6276-4035

ザック・エフロン、自分のフィギュアと腹筋勝負! どっちの方がセクシー?[動画あり]

2019年5月1日

ヴァネッサ・ハジェンズ、元恋人ザック・エフロンとの恋愛を赤裸々に振り返る!「オーディションの時すでに・・」

2019年4月23日
ザック・エフロン

ザック・エフロンがYouTubeチャンネルを開設! 記念すべき最初の投稿とは[動画あり]

2019年4月3日

ザック・エフロン & アマンダ・セイフライドが新「スクービー・ドゥー」の声優に決定

2019年3月25日

靭帯破損のザック・エフロン、松葉杖一本で歩けるように! 順調な回復にファンひと安心[写真あり]

2019年3月21日