クリス・プラット、自身が出演する新作SF戦争映画のファーストルックをインスタグラムに投稿! ジョークとともにタイトル変更の理由を明かす

The Tomorrow War

マーベル・スタジオ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』スター・ロード役として知られる人気俳優のクリス・プラットが、自身が出演する映画のファーストルックをインスタグラムに投稿した。

View this post on Instagram

This is my first time executive producing on a movie! And I can finally post about it!!! The title “Ghostdraft,” turned out to be problematic for various reasons so we started looking at other options... We went through: Generation Alien World War A Generation Gone Saving private Ryaalien WWZ2 but with As not Zs HORIZON WHITESPIKE HERO movie brought to you by Verizon JUrassic Draft GENERATION Draft Miller genuine Draft City Slickers Alien Dawn Rapture Dawn Apocalypse Dawn Hero Dawn Destiny war Saving tomorrow The Tomorrow War THE TOMORROW WAR THE TOMORROW WAR!!!! And that’s when it hit me.... We’re calling it #TheTomorrowWar So get ready, cause I’m gonna auction off a set visit very soon. Details coming. And you’re gonna be seeing a lot of pics and posts from set!!! 🙏👍🏼♥️👽☠️

A post shared by chris pratt (@prattprattpratt) on

クリスのほか、銃を片手に武装した人々が一列に並んだこの写真は、クリスがプロデュースするSF戦争映画『The Tomorrow War(原題)』のもの。

本作はクリス・マッケイが監督を務める作品で、クリス・プラットのほか、テレビシリーズ「チャック」のサラ・ウォーカー役で知られるイヴォンヌ・ストラホフスキー、『スパイダーマン』シリーズのJ・ジョナ・ジェイムソン新聞編集長役で知られるJ・K・シモンズなどの出演が決まっている。

本作の当初のタイトルは『Ghost Draft(原題)』だったが、諸事情により変更せざるを得なかったとインスタグラムの投稿に綴ったクリス。さらに彼は、『Generation Alien』『World War A』『Generation Gone』『Saving Private Ryaalien』など、名作映画のタイトルをもじった候補を公開。そのジョークとともに、「『The Tomorrow War』がしっくりきた!」と心境を明かした。

本作の撮影は2019年からアトランタとアイスランドにて開始されている。公開日などは不明。

クリス・プラットとキャサリン・シュワルツネッガー

シュワちゃんの娘、キャサリン・シュワルツネッガーが『ターミネーター:ニュー・フェイト』を観ながら泣いていた! 夫のクリス・プラットが明かす

2019年11月4日

「アベンジャーズ」クリス・プラット、“痛々しい”セミヌードを披露! 見てるだけで痛いってどんな写真?[写真あり]

2019年7月2日

クリス・プラット、シュワちゃんの美人娘と再婚! 「人生最高の日」超ロマンティックな写真を公開[写真あり]

2019年6月10日

意外!? ブラッド・ピット、レディ・ガガ、クリス・プラットなど、成功前に「セクシーな仕事」をしていた5人の俳優たち

2019年5月30日

[※ネタバレあり]「アベンジャーズ」クリス・プラット、「本当にアカンやつ」なネタバレ動画を公開! 「だめだって言われたけど我慢できなかった」[動画あり]

2019年4月30日