ジャスティン・ビーバーの新アルバム「Changes」には元カノ セレーナ・ゴメスを連想させる歌詞があった…?

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

人気歌手ジャスティン・ビーバー(25)が、2月14日(金)に待望の新アルバム「Changes」をリリース。そのアルバムの中にはジャスティンの元カノで人気歌手/女優のセレーナ・ゴメス(27)を連想させる歌詞があるようだ。elitedaily.comなどが伝えている。

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスといえば、2010年から交際をスタートさせ、人気セレブカップルとして注目されていたが、その後破局と復縁を繰り返す仲に。2018年には完全にその関係が終わり、その後ジャスティンは、モデルのヘイリー・ビーバーと2018年7月に婚約し、9月に結婚した。

2月14日に、2015年のアルバム「Purpose」以来約4年半ぶりとなる新アルバム「Changes」をリリースしたジャスティン。同アルバムはヘイリーに捧げたラブレターであると明かしているが、この5年間のジャスティンの想いが詰め込まれており、忘れられない存在セレーナを連想させる歌詞も含まれていることが話題となっている。

「Forever」

同曲は、ジャスティンがセレーナから離れ、ヘイリーと再び復縁した辺りのことを歌っており、歌詞には「君はぼくをよりよい男にしてくれた/ぼくに足りなかったものに気づかせてくれたんだ/道を見失っていたけど、ベイビー君が導いてくれた/ぼくが落ち着くなんて思いもしなかった/きっと自分にウソをついていたんだ/自分のことばかりで忙しかった/想いをほったらかしにしてね/屋根裏のホコリのように感じていたけれど/君が全てを失ったときでも、君はぼくのホコリを全て払ってくれたんだ」とある。

「That's What Love Is」

長年セレーナと破局と復縁を繰り返したジャスティンだが、セレーナとの恋愛は真実の愛ではなかったようだ。同曲の歌詞には「まるでお互いの最高の世界が衝突したみたいだ/それが何を意味しているかは分からなかったけど/それは愛への忠誠なんだ/欲望を超えて/君がぼくの人生にいるのは神の恵みだよ」とある。

「Habitual」

こちらもセレーナとの愛は本物ではなかったという暗示であると読み取れ、歌詞には「ぼくたちがここにたどり着くってずっと思っていたんだ/いくつもの季節を乗り越えてね/理由を持つまで道が交わることはなかった/早送りをしてみようよ/ぼくたちの全く新しい未来の人生を」と歌っている。

Justin Bieber, Indigo, London, 11 February 2020. Photo by: Carsten Windhorst

ジャスティン・ビーバー、5年ぶり5作目のオリジナル・アルバム『Changes』が遂にリリース!ロンドンで超貴重なファンイベントを開催[写真あり]

2020年2月14日

ジャスティン・ビーバー、ファンからの質問で妻ヘイリーとのセックス・ライフについて赤裸々告白[動画あり]

2020年2月13日
JB_CHANGES_album

ジャスティン・ビーバー、ニュー・アルバム『Changes』いよいよ明日発売!北米ツアーのチケットが当たるキャンペーンが決定!そしてアルバム・ジャケット・ジェネレーターもスタート

2020年2月13日

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ビーバー、結婚式の動画が初公開! しかしジャスティンが「誓いの言葉」を知らず参列者たちは爆笑

2020年2月13日

ジャスティン・ビーバーとゼインになんとコラボの噂が浮上!? これにゼイン本人が回答

2020年2月13日
tvgrooveをフォロー!