レディー・ガガ、新アルバム「クロマティカ」を4月10日にリリース決定! 独特なシンボルの理由についても明かす

レディー・ガガ
レディー・ガガ

人気歌手のレディー・ガガが、通算6枚目となる新アルバム「クロマティカ(Chromatica)」を4月10日にリリースすることを発表した。

レディー・ガガといえば、2月28日に約3年ぶりとなる待望のニュー・シングル「Stupid Love」をリリース、さらにミュージックビデオも同時に解禁し話題となった。ショッキングピンクの奇抜なファッションに、ビートがクールなダンサブルな楽曲にファンたちは「昔のガガが返ってきた!」と大盛り上がり。

【動画】Lady Gaga - Stupid Love (Official Music Video)

また同曲のミュージック・ビデオの冒頭には、「世界は争いで腐っている。様々な部族が支配の為に戦っている。スピリチュアルな部族が平和を思い祈る中、親切なパンク族は、“クロマティカ”の為に戦う…」というメッセージがあり、ニュー・アルバムのタイトルが『クロマティカ』なのではないか!?というファンの憶測が世界中で飛び交っていた。

ファンたちの予想は見事的中した。

ガガはインスタグラムで「『クロマティカ』へようこそ。4月10日にリリースされるわ。先行予約開始よ。これはアルバムカバーではないけど、しばらくみんなが楽しめるように作ったの」と書きつづった。

またガガは「Beats1」のゼイン・ロウのインタビューで、「クロマティカ」のこの独特なマークについても語っている。

インタビューでガガは「『クロマティカ』のシンボルには、正弦波があるの。これは音の数学的なシンボルで、すべての音は何かから作られていて、私にとって音楽は人生において私を癒してくれるものであり、曲をまた作ることも私を癒してくれる。それが『クロマティカ』の全てであるの。癒しであり、勇気であり、私たちが愛について語ることでもあり、誰かを愛するためにはたくさんの勇気が必要であるという事実を含めることも重要だと思っているわ」と明かしている。

ガガといえば、2018年に主演を務めた映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックを、ブラッドリー・クーパーと共にリリースしたが、自身名義のアルバムは2016年の「ジョアン」以来実に6年ぶりとなる。

いったいどんなアルバムになっているのか楽しみだ。

レディー・ガガと、新恋人のマイケル

新恋人とラブラブのレディー・ガガ、しかし彼の元カノがいきなり登場し暴露文を発表! 「私は彼と7年間付き合っていた」

2020年3月2日
レディー・ガガ

レディー・ガガ、約3年ぶりのニュー・シングル「Stupid Love」を発売!ミュージック・ビデオも解禁[動画あり]

2020年2月28日
レディー・ガガと、シャーロット・オーベリー

道端でたまたま通りかかった女性が、レディー・ガガの「シャロウ」を完璧に歌いこなしその歌声がスゴすぎると話題に! ネット上でバズり中の動画は必見[動画あり]

2020年2月20日

レディー・ガガ、「まゆナシ」で斬新イメチェン! ファンが大絶賛[写真あり]

2020年2月14日

レディー・ガガ、噂の恋人との交際をついにオフィシャルに! インスタグラムにラブラブ写真を堂々と公開[写真あり]

2020年2月5日
tvgrooveをフォロー!