『コンテイジョン』脚本家、新型コロナウイルスに「そこまで驚かなかった」と語る!その理由とは?「私が話した科学者たちは・・・」

映画『コンテイジョン』予告編
映画『コンテイジョン』予告編より

徐々に深刻化してきた新型コロナウイルス。世界保健機関が「世界的なパンデミックだ」と宣言し、人気俳優のトム・ハンクスが新型コロナウイルス検査で陽性結果となり、さらに米ディズニーテーマパークが一時閉鎖を決定するなど、さまざまな場所に影響が広がっている。

実は、この新型コロナウイルスに広がり方や感染のしかたが似ていると話題になったのが、10年前の映画『コンテイジョン(原題:Contagion)』だ。同作の脚本家が、今回の新型コロナウイルスについて口を開いた。

2011年のアメリカスリラー映画『コンテイジョン(原題:Contagion)』。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットなど、豪華キャストが集結し、高い確率で死をもたらす感染症の脅威や、パニック状態を描いている。脚本を務めたのは、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の脚本チームにも属しているスコット・Z・バーンズだ。

バーンズ氏は、今回の新型コロナウイルスの拡大について「そこまで驚かなかった」と話した。「人々が病気になったり、死にそうになっているのを見るのは非常につらいことですね。映画の作り手としてではなく、人間として、とっても心が打たれる」と現在の心境を告白。一方で「ソーシャルメディア上でも、友人同士の会話でも、現在の状況と『コンテイジョン』がこれまで似ているのはすごいことだと言われるのは、奇妙でしかたありません」と語った。

「しかし、そんなに驚くことはありませんでした。私が話した、たくさんの科学者たちは『もし』ではなく『いつ』かということが問題だと言っていました」と、当時話した科学者全員から、時期が問題であることを聞いていたようだ。「科学を信じている身としては、科学者たちに耳を傾けることが大切だと思います」とも話した。

映画『コンテイジョン』では、グウィネス・パルトロウが演じるベスから感染が始まっていく。ベスはアジアへの出張後に病気となり、24時間以内に死亡する。伝染はさらに劇的に広がり、死者数は最終的に米国で250万人、世界中で2,600万人に達していく。

一方、新型コロナウイルスは、すでに世界中で感染者が127,000人以上に広がり、4,718人が亡くなっている(※3月13日現在)。数は違うものの、感染の広がり方が似ている映画『コンテイジョン』は、この時期だからこそ見ておくべき映画かもしれない。

トム・ハンクス&リタ・ウィルソン夫妻

新型コロナウイルスに感染した海外セレブまとめ[3月13日時点]

2020年3月13日
ウォルト・ディズニー・ワールド

アメリカやパリまで…世界のディズニーテーマパークとユニバーサル・スタジオが閉鎖! 新型コロナウイルスの拡散を防ぐため

2020年3月13日
エレン・デジェネレス

「エレンの部屋」、来週月曜日から無観客で収録! 新型コロナウイルスの影響で

2020年3月12日
グウィネス・パルトロー

ケイト・ハドソンやグウィネス・パルトロウがマスク姿を公開!「握手はしないで」と新型コロナウイルスの注意喚起を行う[写真あり]

2020年2月27日
ワーナー ブラザース 公式チャンネル

新型コロナウイルスの影響で、マット・デイモン&ジュード・ロウ出演のアノ作品が再熱! その映画とはいったい・・・?

2020年2月1日
tvgrooveをフォロー!