カイリー・ジェンナーらセレブ達が宣伝しているデトックスティー「Teami」は詐欺!? 根拠なく体重減量やガンに効くと宣伝し1億円の罰金が科せられる

カイリー・ジェンナー
カイリー・ジェンナー

カイリー・ジェンナーなど人気セレブ達が宣伝しているデトックスティーの会社が、誤解を招く健康強調表示をしたとして、罰金100万ドル(約1億円)を支払うことが明らかになった。businessinsider.comなどが伝えている。

連邦取引委員会(FTC)は、デトックスティーやウェルネス製品を扱うメーカー「Teami」が、体重減量効果や、ガンと闘い、インフルエンザを予防できるという“根拠のない主張”をしたことを問題視。また「Teami」は、全米お騒がせセレブ一家「カーダシアン家」の末っ子でモデル/実業家のカイリー・ジェンナーや、人気女性ラッパーのカーディ・Bジョーディン・スパークスブリタニー・レナーなど、人気セレブをインフルエンサーとして利用しさらに製品の宣伝を行った。

「Teami」を持って商品を宣伝するセレブたち(過去の写真)↓↓

デトックスティーや、健康に即効性があるとうたっている製品は、セレブやインフルエンサーたちを通して長年人気であったが、その有効性と疑わしい主張も長年問題視されていた。米国上院議員のリチャード・ブルーメンタルは、2019年6月に、デトックスティーの「誤解を招く略奪的なマーケティング」を調査するよう求めていた。

現在インフルエンサー・マーケティング業界は過去数年の間で急成長し、今年には150億ドル(約1兆5000万円)にも達すると予想されている。そのため、FTCはSNSスターの広告キャンペーンや、そのスポンサーをオンラインで取り締まることにしたようだ。FTCは2017年以来ガイドラインがあり、最近は、このガイドラインの見直しと改訂を新たに行い、違反が見つかったものに対しては厳しい罰則を課している。

このケースで問題となっている今回の「Teami」は、科学的根拠なしに健康強調表示を使用し、お茶だけで1500万ドル(15億円)以上を売り上げた。FTCの判断により、「Teami」に対し、1520万ドル(約15億2000万円)支払うよう命じたが、同社はその額は支払うことができず、最終的に罰金100万ドル(約1億円)となった。

インフルエンサー・マーケティング市場の規模はどんどん拡大していっているが、消費者に誤解を招くような商品や表示は今後も厳しく取り締まる必要がありそうだ。また宣伝するインフルエンサー側も、その会社や商品についてしっかり知識をつける必要がある。

セレーナ・ゴメス、インスタグラムの人々に与える悪影響について語る! 「何も知らない方がいいこともある」

2020年2月8日

カイリー・ジェンナー、姉キム・カーダシアンのインスタグラムのフォロワー数をついに追い抜く! その驚異の数に思わずビックリ

2020年1月6日

世界で一番フォロワー数が多いインスタグラムアカウントは? 1位~30位までを発表

2019年12月14日

インスタグラムのアカウントを開設したジェニファー・アニストンがなんと新記録を樹立! 彼女が作ったギネス記録とは…?

2019年10月21日
tvgrooveをフォロー!