カーディ・B、まさかの「新型コロナウイルス」リミックス・ソングが世界的ヒット! 頭から離れなくなるサウンドに[動画あり]

カーディ・B
カーディ・B

グラミー賞受賞歴のある人気女性ラッパーのカーディ・Bの声が入った、新型コロナウイルス・ソングが世界的ヒットを飛ばし話題となっている。nytimes.comなどが伝えている。

カーディ・Bは、3月11日、現在世界中で流行している新型コロナウイルスについて語る動画を投稿。動画でカーディは「政府!ちょっと言わせてほしいんだけど。新型コロナウイルスについてよくわかんないし、中国の武漢からどうやってきたのかわかんないし。私ちょっと怖い。怖いの。ちょっとパニック。食糧もため込んでる。これは冗談じゃない。なんで洋服とか物が届かないって?コロナウイルスのせいだよ!これは本当にヤバイ。これはリアルなんだ。怖い!」と、心の叫びを熱弁している。

カーディの焦り方と、まるでラップのような口調でこの動画はネット上で話題に。さらになんとこのカーディのセリフが今度は歌となり、世界的ヒットというまさかのできごとが起きている。

ブルックリン在住のiMarkkeyzというDJは、カーディのこの動画にサウンドとアレンジを加え、さらに「コロナウイルス」「政府」「これはリアルなんだ」という部分をループさせた曲「コロナウイルス」を完成させた。

【音源】iMarkkeyz - Coronavirus

頭に残るサウンドで、すでにiTunesやSpotifyでもダウンロードでき、世界的ヒットを飛ばしているというのだ。アメリカのiTunesではトップ10入りを果たし、現在ハリー・スタイルズの「Adore You」の一つ下にランクインしているという。

これにはカーディ本人もおどろいているようで、楽曲「コロナウイルス」に関する動画やツイートをたくさんリツイートや引用リツイートしている。

楽曲「コロナウイルス」に合わせて踊るダンス動画もさっそく登場↓↓

またカーディは、この楽曲に権利を持っていない。あるファンが「『コロナウイルス・リミックス』にカーディの名前がクレジットにないのはなぜ?それに関してチームは動いてる?」と聞くと、「今取り組んでいるところよ!私の声だから自動的にクレジットには入るけど、でも今私の名前を入れるなら、一回その楽曲を削除して、アップロードしなおす必要があるかも」とツイートした。

カーディはコロナウイルスの影響で、新曲のレコ―ディングが遅れてしまっていると明かしていたが、まさかの別の形で自分の声が入った曲がヒットするという事態が起きたようだ。

ブレイク・ライブリーと、ライアン・レイノルズ

ブレイク・ライブリー&ライアン・レイノルズ夫妻、新型コロナウイルスの影響を受け、食糧配給団体に1億円を寄付

2020年3月17日
ビヨンセ

「楽しいコロナ対策」手洗いの間に歌っているだけで20秒経っている曲6選

2020年3月17日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、コロナウィルス対策に猫的生き方をおすすめ! 「うちの子を見習って」[写真あり]

2020年3月17日
トム・ハンクスと、リタ・ウィルソン

新型コロナウイルスに感染したことを告白した、トム・ハンクス&リタ・ウィルソン夫妻が無事退院

2020年3月17日
ビービー・レクサ

ビービー・レクサ、知人が新型コロナウイルスで亡くなったことを告白 「これはジョークではない」

2020年3月17日
tvgrooveをフォロー!