「楽しいコロナ対策」手洗いの間に歌っているだけで20秒経っている曲6選

ビヨンセ
ビヨンセ

現在世界中で流行し、近日では欧米に多くの感染者が確認されているコロナウィルス。感染予防の一番の対策は「手洗い」だと言われており、多くの欧米の国では「手洗いは最低20秒間が基本」とされている(日本では30秒を基本とする場合も多い)。手洗いの20秒を楽しく過ごすための「歌っているだけで20秒プレイリスト」をご紹介しよう。

「Happy Birthday to You」

誕生日の時に必ずと行っていいほど歌う「ハッピーバースデートゥユー」。歌うペースにもよるが、欧米では子供の頃「手洗いのときはハッピーバースデーを歌いましょう」と教えられることもある。歌詞も簡単なため、日本人にとっても歌いやすいだろう。

「小さな世界」

ディズニーランドのアトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」でも流れるこの曲。日本語歌詞もあるため、歌いやすい。またこのコロナウィルスが世界中で流行していることも、歌詞とにわかに一致する・・・?

「イッツ・ア・スモール・ワールド」出だし

世界中 どこだって 笑いあり 涙あり
みんな それぞれ 助け合う 小さな世界
世界はせまい 世界は同じ
世界はまるい ただひとつ

「Hey Jude」

ザ・ビートルズの名曲中の名曲であるこの曲は、ゆっくりとしたバラード。曲調がほぼ変わらずリピートなため、出だしでもサビでも好きな部分を歌っていれば、約25秒が経つ。

The Beatles - Hey Jude (Remastered 2015)

「Truth Hurts」

最近流行りの曲で20秒を乗り切りたいという方には、人気R&Bシンガーのリゾのヒット曲「Truth Hurts」がおすすめ。サビの部分がちょうど約20秒ほどだ。英語の歌詞が歌えないという方は曲を流しておくだけでも気分があがりそう。

Lizzo - Truth Hurts

「Love on Top」

ビヨンセの2011年の楽曲「Love on Top」のサビ部分もちょうど20秒くらいであり、曲調も爽快であるため手洗いにおすすめの1曲だ。

Beyoncé - Love On Top

本人も実演!「Mr. Brightside」

ザ・キラーズの2003年のヒット曲「ミスター・ブライトサイド」も、手洗いにちょうどいいとネットで話題となっている。これに本人が気づいたようで、なんとボーカルのブランドン・フラワーズが自ら手を洗いながら同曲を歌っている動画を投稿。ファンを喜ばせた。

感染拡大が止まらないコロナウィルス。基本である手洗いをしっかりし、予防につとめよう。

ジャスティン・ビーバー(左)、ベラ・ハディッド

「外出禁止」セレブたちはどう過ごしている? ジャスティン・ビーバーやベラ・ハディッドらが自宅での過ごし方を公開[写真あり]

2020年3月17日
ティンダーのロゴ

デートアプリ「Tinder」で、コロナをネタにした面白プロフィール急増! アプリ側は現実的なアドバイス[写真あり]

2020年3月17日
ビービー・レクサ

ビービー・レクサ、知人が新型コロナウイルスで亡くなったことを告白 「これはジョークではない」

2020年3月17日
イドリス・エルバ

『アベンジャーズ』イドリス・エルバがコロナ感染を報告 『ゲーム・オブ・スローンズ』キャストも

2020年3月17日
テイラー・スウィフト(左)、アリアナ・グランデ

コロナ騒ぎに対しテイラー・スウィフト、アリアナ・グランデらセレブが続々コメント! 「みんな真剣にうけとめていない!」彼女たちが ファンに求めるものとは?[写真あり]

2020年3月16日
tvgrooveをフォロー!