マーベル初のアジア人ヒーロー、シム・リウが『Shang-Chi』公開延期について心境を明かす!落ち込んでると思いきやテンションが高く・・・

シム・リウ
シム・リウ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画で、MCU映画史上初となるアジア系ヒーローを描く映画『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』。主人公を演じる中国出身でカナダ籍の俳優シム・リウが、公開延期になった心境を明かした。

同作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェーズ4の3番目となる作品。『クレイジー・リッチ!』や『ジュマンジ/ネクストレベル』などの女優、オークワフィナも出演することでも話題となっており、オーストラリアで撮影を開始したと報じられていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中断。またデスティン・クレット監督は自己隔離し新型コロナウイルスの検査を受けたと報じられていた。

本作は当初2021年2月12日に予定されていたが、新たな米公開日は2021年5月7日と先日米ディズニーが報じた。これに対し、主演を務めるシム・リウがリアクションした。

シムはツイッターで「『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』のリリース日が変更になった。夏の大ヒットになるぞー!」と興奮気味で心境を投稿。

映画産業では、サマー・ホリデーなどがあるため夏が書き入れ時とされており、さまざまなヒット映画なども夏に公開されてきた。過去の例から見ても、年間の利益のうち、5月~8月分が約40%を占めている。もしかすると『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings(原題)』は 、2021年の夏シーズンで“話題の一本”になるのかもしれない。今回のリリース日の変更は、ある意味、主演のシムにとって朗報だったようだ。

米ディズニーが公開した新たなリリース日では、『ブラック・ウィドウ』が今年の11月6日、『ジ・エターナルズ(原題:The Eternals)』が2021年2月12日、『ドクター・ストレンジ』の続編は、2021年11月5日、『マイティ・ソー』のシリーズ最新作『Thor: Love and Thunder(原題)』は2022年2月18日となる(米公開予定)。

『ブラック・ウィドウ』

ディズニー、『ブラック・ウィドウ』の公開日を11月に決定! その他『ムーラン』などの米公開日を発表[一覧あり]

2020年4月4日
ディズニーリゾート「MAGIC HAPPENS PARADE」

閉鎖された米ディズニーテーマパーク、YouTubeで感動のパレードの様子をシェア[動画あり]

2020年3月31日
『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』公開延期や、新作の制作中止…新型コロナウイルスは今後のマーベル・シネマティック・ユニバースのタイムラインに影響を与えるの?

2020年3月19日
『リトル・マーメイド』

ディズニー、『リトル・マーメイド』などの実写化映画や注目作の制作を一時停止に!停止を発表された作品は?

2020年3月14日

オークワフィナ、アジア系女優として初のゴールデン・グローブ賞「主演女優賞」を受賞! 亡き母に感動のメッセージ[動画あり]

2020年1月8日
tvgrooveをフォロー!