ジェシー・アイゼンバーグ、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の台本を全部読んでいなかった! その理由とは・・・?

ジェシー・アイゼンバーグ『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
ジェシー・アイゼンバーグ『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

2016年に公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)』に出演していた俳優のジェシー・アイゼンバーグが、同作の撮影前に台本を全部読んでいなかったことを明かした。

ジェシー・アイゼンバーグは同作で、スーパーマンの宿敵で世界征服を企む悪の天才科学者レックス・ルーサー役を演じている。

View this post on Instagram

“I love bringing people together.” #BatmanvSuperman

A post shared by Batman v Superman (@batmanvsuperman) on

ジェシーは、Konbiniでのインタビューで同作の脚本について語った。「脚本はとても知的で徹底的だった。密度が高かったので、読むのに時間をかけなければいけなかった」とジェシー。彼はこれまでスーパーヒーローの映画を見たことがなかったことも明かした。そしてさらには「セキュリティー上の理由から、コンピューターから脚本が削除される前に読まなくてはいけなかった。でも、それは限られた時間で、間に合わなかった」と当時の経緯を明かした。そしてジェシーは「私が知的に読んだ最も密度の高い脚本の1つ」と、同作の脚本のクオリティを絶賛した。

ジェシー・アイゼンバーグといえば、以前『ゾンビランド:ダブルタップ』のプロモーションの際に何度かDCエクステンデッド・ユニバースについて記者から質問されていた。記者に「今後コミックブックを題材にした映画に出演するのか?」と尋ねられ、ジョークで質問を交わしていたそう。

また、映画『ジャスティス・リーグ』が公開された5ヶ月後には「ルーサー役は本当に楽しかった。でもルーサーが映画に戻ってくるかどうかはわからないよ」とコメントしていたという。

脚本は絶賛していたものの、ジェシー・アイゼンバーグが ルーサーとして戻ってくる可能性が低いようだ。

ロバート・パティンソン

一時撮影停止している新作『バットマン』、まだ全体の25%しか撮影できていないことが明らかに! この先のスケジュールはどうなる…?

2020年4月13日
ジェシー・アイゼンバーグ

『ゾンビランド』ジェシー・アイゼンバーグ、新型コロナウイルスの自主隔離中はなんとRVで過ごす!その快適度は…?[動画あり]

2020年4月3日
『ゾンビランド:ダブルタップ』より

『ゾンビランド:ダブルタップ』よりマ・ストーン&ウディ・ハレルソンら豪華キャストwithビル・マーレイによるNGシーンが公開[動画あり]

2020年3月4日
Ryan Reynolds

ライアン・レイノルズ、あともう少しで『ゾンビランド:ダブルタップ』に出演予定だった! 脚本家が全力で交渉していたことを明かす

2019年10月31日
ジェシー・アイゼンバーグ

ジェシー・アイゼンバーグ、『バットマン』でレックス・ルーサーを演じる可能性は低い!? 記者の問いかけにジョークで交わす

2019年10月15日
tvgrooveをフォロー!