「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー」マイケル・クリフォード、過去の性差別的&反ゲイ的発言を批難される 謝罪文を投稿

マイケル・クリフォード
マイケル・クリフォード(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)

オーストラリア出身の人気バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーのボーカル&ギタリストであるマイケル・クリフォード(24)が過去にした、攻撃的なツイートが浮上。批判を集め、謝罪した。

Metroによると、とあるツイッターユーザーは先日、マイケル・クリフォードの2012年のツイートを発見したのだが、その内容が性差別的、また反ゲイ的内容であり、言葉遣いも荒いものであったと投稿したのだ。

マイケルの元の投稿がどれかは特定されていないが、これに対しマイケル本人は6月14日、謝罪文を投稿。彼は「僕が若い頃に言ったクソアホな発言を謝ります。今僕は別人になったし、世間をもっともっと理解してる。デジタルなメガホン(SNS)をまだ持つべきではないような年齢から始めてしまう子もいるけど、僕もその中の一人だった」と書き、当時16歳であったころと今とは全くの別人に成長していると主張したマイケル。

さらに「誰かを傷つけてしまい申し訳ない。そんなつもりは全くなかった。世間知らずだったし、それが今恥ずかしいし、申し訳ないという言葉では表せないくらいです。これからも人として良くなって、変わり続けるようにする。もう二度と誰も傷つけたくない」と、別のツイートで再度謝った。

マイケルに対しては「どのツイートのことか、特定してくれない?」や、批判のコメントも多くあがった。

しかし「人が謝罪をしている時はその人をサポートする必要がある。“若さは言い訳にならない”とか“謝罪の仕方が間違ってる”なんて言わなくていいの。謝罪をするって根性のいることだし、自分の過ちを公に認めることもそう」や「アーティストやインフルエンサーが間違いをおかしちゃいけないって風潮があるけど、彼らも人間なんだよ」などと擁護する声も出ている。

「いいね」の多くついた擁護のツイート

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーは今年3月、「ヤングブラッド」以来約2年ぶりとなるニュー・アルバム「カーム」をリリースした。

アルバムからの最新シングル「ワイルドフラワー」は、529本のお花を用いて、358枚パターンの写真を撮り、10時間かけて、(スタジオではなく)家の中で創られた“アイディア・ビデオ”となっている。

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「ワイルドフラワー」リリック・ビデオ

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)が本日ニュー・アルバムを発売!自宅の中で10時間かけて作った最新ビデオとは?

2020年3月27日
5 Seconds of Summer

人生初ライヴの映像などファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)の“全て”が詰まったシングル「オールド・ミー」のミュージック・ビデオが公開

2020年3月11日
5SOS

「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」、兄的存在「ワン・ダイレクション」との世界ツアーを振り返る

2019年6月14日
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)

「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」、住みたい国を聞かれ「日本」と回答[写真・動画あり]

2019年6月11日
tvgrooveをフォロー!