ひどいニキビに悩んでいたジャスティン・ビーバー、ツルツルな肌を披露! キレイになったのは「妻のおかげ」[写真あり]

ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバー

以前、ひどいニキビのおかげで“自信が持てない”などと告白していた歌手のジャスティン・ビーバーが、キレイになった肌を公開。妻のヘイリー・ビーバーに感謝のメッセージも送った。

ジャスティン・ビーバーは今年5月、自身のフェイスブックチャンネル「The Biebers on Watch」にてニキビの悩みを告白。彼は「ニキビには本当に悩まされる。ニキビのせいで帽子をよくかぶるけど、それがまた良くないんだよね」と話した。

さらに「自分の自信にすごく悪影響だよ。しかも今はみんなインスタグラムのフィルターを使うでしょ。フィルターを使えば肌がきれいに見えるしそれが現実だと思い込むけど、実際はそうじゃない人が多い」と、ニキビが自信に影響していると話していた。

これから約2ヵ月経った7月25日、ジャスティンはインスタグラムのストーリーを更新。そこにはニキビが全くないと言っても過言でない、ツルツルなお肌をしたジャスティンが。彼は「健康的な肌?見たいね!」と書いており、さらに「ありがとうヘイリー・ビーバー」と、妻ヘイリーのおかげで綺麗な肌を手に入れたことを明かした。

少し若返ったようにも見える

ジャスティン・ビーバーは今年1月、ライム病を患っていることを告白し世間を驚かせた。ライム病とは、野ネズミや小鳥などが持っている菌がマダニによって媒介される人獣共通の細菌による感染症。ほとんどの人は、この病気がみられる山間地域での野外活動中に感染する。

当時、ジャスティンは「多くの人がジャスティン・ビーバーは見た目がクソみたいで、メス(ドラッグ)をやっているとか言っていたけど、僕が最近ライム病と診断されたということには気づかなかった。それだけではなく深刻な慢性的伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)もあって、肌や脳機能、体力、健康全体に影響を及ぼしていました」と告白。以前より闘っていたうつの原因もこのライム病が関わっていたと明かした。

ライム病だと分かり、正しい対処法や薬も判明したジャスティン。それに加え、モデルである妻ヘイリーの知識や支えが現在のキレイな肌へと導いたようだ。

ジャスティン・ビーバーと、カニエ・ウェスト

ジャスティン・ビーバー、精神面が心配されるカニエ・ウェストのもとに駆けつける! ある写真が公開[写真あり]

2020年7月26日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、延期を発表していた世界ツアーを来年の夏開催へ! 新スケジュールを発表[画像あり]

2020年7月24日
ジャスティン・ビーバー

性的暴行を告発され名誉棄損で起訴したジャスティン・ビーバー、告発した人物をツイッター社に特定させる権利を獲得

2020年7月22日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、あのヒップホップの曲のリミックスに参加!? ある動画に注目が集まる[動画あり]

2020年7月17日

ジャスティン・ビーバーがライム病を告白 「僕の肌や脳に影響していました」

2020年1月9日
tvgrooveをフォロー!