『スター・ウォーズ』レイ、当初はオビ=ワン・ケノービの子孫になる予定だったと告白! 「案は変わり続けていたの」[動画あり]

レイと、オビ=ワン・ケノービ
レイと、オビ=ワン・ケノービ

人気SF映画シリーズ『スター・ウォーズ』の続三部作で、主役のレイ役を演じた女優のデイジー・リドリーが、このキャラクターにまつわる製作秘話を明かした。

9月8日(火)、トーク番組「ジミー・キンベル・ライブ」にて俳優のジョシュ・ギャッドとのオンライン・インタビューに答えたデイジー・リドリーは、『スター・ウォーズ』シリーズ続三部作の製作段階では、レイはパルパティーンではなくオビ=ワン・ケノービの子孫になる予定だったことを告白している。

デイジーは、「最初は、オビ=ワン・ケノービの子孫にしようっていう案があったのよ。それに、誰の血も引いていないっていう案もあった。案は変わり続けていたの」と語っている。

しかし最終的に、レイ・ケノービとなる案は採用されなかったようだ。続三部作の内、最初の2作品「フォースの覚醒」と「最後のジェダイ」の中ではレイの両親や先祖について明らかにされていなかった。しかし3作目の「スカイウォーカーの夜明け」にてようやく、彼女がパルパティーンの血を引いていることが分かったのだ。

なお小説版「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の中では、レイの父親について、シスの不滅を願う信者によって作られた多くのパルパティーンのクローンの内、「出来の悪い」1体だったと明かされている。

パルパティーンによると「パワーもなく、役に立たない失敗作」だったレイの父親だが、どこかで子孫を残せるかもしれないと、生かされたのだという。ちなみに、レイの母親については小説版の中でも言及されていない。

もし「レイ・ケノービ」が存在していたら、物語はどのような展開を迎えただろうか。ファンの間でも議論の的となっているが、その意見は賛成派と反対派で真っ二つにわかれているようだ。

マーク・ハミル

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、あの有名な逆立ちポーズは〇〇を使い撮影されていた! 撮影当時の秘話を披露[写真あり]

2020年9月8日
「Star Wars: The High Republic」の若きヨーダのコンセプトアート

「スター・ウォーズ」コミック新作の主人公は若きヨーダに! シワと白髪が減った(?)ヨーダのコンセプトアートも公開[写真あり]

2020年9月4日
ジョン・ボイエガと、J.J.エイブラムス

ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に対する批判からJ・J・エイブラムス監督を擁護! 「みんなから彼を批判される筋合いなんてない!」

2020年9月4日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』フィン役ジョン・ボイエガがディズニーのキャスティングを批判! 「黒人は脇役に追いやられる」

2020年9月3日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』、初めて「ダース」の肩書を名乗ったのは一体だれ? その姿も要チェック[写真あり]

2020年8月31日
tvgrooveをフォロー!