ガル・ガドット、クレオパトラを演じることを批判される!それに本人が反論「映画は誰でも作っていいんです」

ガル・ガドット
ガル・ガドット

『ワンダーウーマン』シリーズで知られる人気女優のガル・ガドット。彼女はクレオパトラを演じることが報じられているが、その配役に批判が殺到し、ガルがその批判に反論した。

今年10月、ガルは映画『クレオパトラ(原題)』にて主演を務めることが明らかとなった。本作の監督を務めるのは、ガル主演の『ワンダーウーマン』シリーズにてメガホンをとったパティ・ジェンキンスだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gal Gadot(@gal_gadot)がシェアした投稿

キャスティングが発表された際、ファンからはよろこびの声が上がっていたが、一方で、ガルがキャスティングされることはクレオパトラの起源を無視していることになると批判が殺到した。しかし、BBCアラビック紙のインタビュー中に彼女は、その批判に反論した。

ガルは「まず第一に、事実に忠実でありたいのであれば、クレオパトラはマケドニア人でした。当初はクレオパトラにあうマケドニアの女優を探していました。でも見つけることはできなかったし、わたしはクレオパトラにとても情熱を注いでいました。わたしには、イスラム教と、キリスト教徒、カトリック、無神論者、仏教徒、ユダヤなど世界中に友人がいます。人は人です。クレオパトラの遺産を祝福し、わたしがとても尊敬しているこの素晴らしい歴史的なアイコンに敬意を表したいと思っています。この映画は誰でも作ることができますし、誰でも作っていいんです。わたしも自分の作品をやりたいって、とても情熱的に思っていますよ」とコメントした。

しかし、「マケドニアの女優を見つからなかった」というのは、キャスティングを正当化するための言い訳だという批判もある。

『クレオパトラ(原題)』は、パラマウント・ピクチャーズが全面的に協力していることから、映画の製作は実現しているようだ。

『ワンダーウーマン1984』

ガル・ガドット、新作映画『ワンダーウーマン 1984』に実は夫と子供たちがカメオ出演していることが明らかに! 「この映画で人生が変わった」[動画あり]

2020年12月18日
クリスティン・ウィグとガル・ガドット

『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット&クリスティン・ウィグ、撮影現場でミュージックビデオを自作! 思わず笑顔になる仕上がりに[動画あり]

2020年12月17日
ガル・ガドット

ガル・ガドット、『ワンダーウーマン 1984』を待ち望んでいるファンに車内からメッセージ「感想が聞けるのを楽しみにしてるわ」[動画あり]

2020年12月5日
『ワンダーウーマン1984』

『ワンダーウーマン 1984』の新ポスターがブラジルのアカウントで公開される!ゴールデン・イーグル・アーマーを着たガル・ガドットが眩しい・・・[写真あり]

2020年11月26日
ガル・ガドット

コロナ禍で「イマジン」を歌いバッシングを受けたガル・ガドット、この騒動について初めてコメント「純粋にいいことをするつもりだった」

2020年10月14日
tvgrooveをフォロー!