アーミー・ハマー、ジェニファー・ロペス新作映画に引き続き、あるドラマから降板…いったいどの作品?

アーミー・ハマー
アーミー・ハマー

『コードネーム U.N.C.L.E.』や『君の名前で僕を呼んで』などで知られる俳優のアーミー・ハマー。DMが流出し、さらに警察が動くなどの騒動で世間に衝撃を与えているが、新たにあるドラマから降板することが報じられた。Page Sixが伝えている。

アーミーは、1972年に大ヒットしたマフィア映画『ゴッドファーザー』の制作裏を描いたドラマシリーズ「The Offer(原題)」に出演することが12月の初旬に発表されていた。アーミーは『ゴッドファーザー』のプロデューサーであるアルバート・S・ラディ(同シリーズの主役)を演じる予定だったが、再度キャスティングされることになったという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PeepingMoon(@peeping.moon)がシェアした投稿

アーミーは先日も、ジェニファー・ロペスが主演を務め、『ピッチ・パーフェクト』のジェイソン・ムーア監督がメガホンをとる『Shotgun Wedding(原題)』の辞退を表明していた。これらもすべて、DM流出事件が原因と思われる。

ことの発端は、アーミー・ハマー本人のアカウントから送られたと思われる、インスタグラムのDMが流出したこと。そのDMは「僕は100%カンニバル(人肉を食べる人種)だ」「つま先を切り落とす」など、恐ろしい内容だったためSNS上は騒然となった。さらには、アーミーのプライベートアカウントから、女性の不適切動画や写真が流出。ベッドに寝ているランジェリー姿の女性を「ミス・ケイマン(ケイマン諸島の美人コンテスト優勝者)」と呼んでいたことが、深刻な問題へと発展。ミス・ケイマンの委員会が「無関係です」と声明を発表し、アーミーは謝罪した。

そのほか、元恋人ふたりから「ハンニバル・レクター(『羊たちの沈黙』などに登場する人間の臓器を食べる殺人犯)とデートしているようなものだった」「彼にナイフで焼印を押された」と告白されている。

アーミー・ハマー

アーミー・ハマー、「ゴシップガール」をクビになっていた? 過去のインタビュー動画が話題に[動画あり]

2021年1月28日
アーミー・ハマーとペイジ・ロレンズ

アーミー・ハマーの元恋人、「彼にナイフで焼印を押された」と主張 !「彼に好きになってもらいたかった」と当時の心境を語る

2021年1月27日
アーミー・ハマー

アーミー・ハマー、インスタグラムのプライベートアカウントをめぐって警察が動く!いったいなぜ・・・?

2021年1月21日
ジョシュ・デュアメル

ジョシュ・デュアメル、ジェニファー・ロペス主演新作映画でアーミー・ハマーの後任に?現在交渉中との報道

2021年1月20日
エリザベス・チェンバースとアーミー・ハマー

アーミー・ハマーの元妻エリザベス・チェンバース、アーミーのスキャンダル後初めて公の場に登場し注目を集める[写真あり]

2021年1月19日
tvgrooveをフォロー!