ジャレッド・レト、実はビリー・アイリッシュ&フィニアス兄妹とレコード契約を結ぶ寸前だった! 出会った経緯とその才能について語る

ジャレッド・レト、ビリー・アイリッシュ、フィニアス
ジャレッド・レト、ビリー・アイリッシュ、フィニアス

歌手で俳優のジャレッド・レトは、かつて、現在大活躍中の歌姫ビリー・アイリッシュとその兄フィニアスの2人とレコーディング契約を結ぶ一歩手前だったのだという。

1月26日、ジェームズ・コーデンが司会をつとめるトーク番組「The Late Late Show」に出演したジャレッド・レトは、その時のエピソードについて明かした。

ビリー・アイリッシュとフィニアスと会った経緯について、「たしか映画プロデューサーのエマ・ラドブルックとエージェントのトム・ウィンディッシュを通じてだったかな。2人はその時点でどことも契約を結んでいなかったから、ぼくがぜひ契約したいと思ったんだ。彼らは才能にあふれていて、とにかく特別な存在だと感じた」と当時を振り返った。そして、「音楽はそんな彼らが持つ才能の1つだけど、彼らはとても頭がいいし、思いやりにあふれている。単純にいい人たちなんだよ。そんな彼らをぼくは気に入ったんだ」と明かしている。

なおじゃレッドは当初、2人の才能を完全に信用していたわけではなかったそうだ。ところが、自身の主催するディナーパーティーで彼らのパフォーマンスも見たことにより、その印象が一変する。

ジャレッドは当時について、「『ちょっとこっちに来て何曲か歌ってよ』って軽い気持ちで声をかけたんだ。2人も『もちろん』って引き受けてくれて。スピーカーを持って現れたんだよ。それからだ。その衝撃的なくらい美しい音楽に圧倒された。あんなにいい音が出るわけがないんだ。そんなことありえないんだ」と語り、「そこにはレオナルド・ディカプリオとか、12人くらいの人がいてね。みんな、口をぽかんと開けて驚いていたよ。『どうやって彼らを見つけたの?っていうか、彼らは何者?』って。みんながトリコになった。もちろん、ぼくも大ファンだよ」と付け加えた。

最終的に契約には至らなかったものの、ジャレッドの読みはあたり、その後2人は音楽業界で大成功をおさめることとなった。

ジャレッド・レト

『スーサイド・スクワッド』ジャレッド・レト、オスカーのトロフィーを失くしたことを告白! 面白エピソードを披露[動画あり]

2021年1月29日
ジャレッド・レト

ジャレッド・レト、役に深いところまで入り込む“メゾット・アクター”と呼ばれることについてコメント「その言葉を評価しているけど…」

2021年1月4日
ジャレッド・レト

「東京コミコン2020」にマーベル最新作『モービウス』主演のジャレッド・レトがサプライズ登場!「日本は世界中で一番好きな国」とファンにメッセージ[レポート / 動画あり]

2020年12月4日
ジャレッド・レト

ジャレッド・レトが再びジョーカーに! 『ジャスティス・リーグ』のスナイダーカット版にジョーカーとして登場へ

2020年10月22日
ジャレッド・レト

ジャレッド・レト、12日間連絡手段を全て遮断し砂漠で瞑想! 帰ってきてから新型コロナウイルスの世界流行に驚愕「何が起きているか全然知らなかった」

2020年3月18日
tvgrooveをフォロー!