『スター・ウォーズ』内での「放送禁止用語」が明らかに! 「ダンク・ファリック」など、あなたはいくつ知ってる?

『スター・ウォーズ』
『スター・ウォーズ』

あなたは、人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』の世界で使われる“タブーワード”があることをご存知だろうか。今回はそのワードと、意味がわかったようだ。

Disney+ (ディズニープラス)

『スター・ウォーズ』では、映画内で使われるオリジナルのタブーワードがある。英語でいうところの「〇ァック」や「〇ット」のようなものであり、これらは現実世界だとかなり下品で放送禁止用語ともなっている。ではスター・ウォーズの世界の中ではどのようなものが使われ、意味はどんなものなのだろうか。

「ダンク・ファリック(Dank Farrik)」

『スター・ウォーズ』シリーズ初の実写ドラマである「マンダロリアン」でも、主人公ディン・ジャリンが思わず口にする「ダンク・ファリック」。主人公以外にもキャラ・デューンや物語冒頭に登場するミスロルなど、多くのキャラが口にしている。意味は説明されていないが、Screen Rantによると「クソッ」などと悔しいときなどに使うことが多いようだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Mandalorian(@themandalorian)がシェアした投稿

「クリフ(Kriff)」または「クリッフィング(Kriffing)」

こちらは英語でいう「〇ァック」と同じような意味を持つという。かなりお下品な表現だ。

「エ・チュ・タ(E Chu Ta)」

エピソード5「帝国の逆襲」では、E-3POがC-3POに向かい「エ・チュ・タ」と言う場面が。詳しい意味は解明されていないが、タブーワード。

「スリーモ(Sleemo)」

ジャバ・ザ・ハットが発する言葉に「スリーモ」という言葉がある。これは英語でいう「スライムボール」の意味と同じだそうで、スライムボールとは「振る舞いが不誠実でかなり不快な人物」を指すという。

『スター・ウォーズ』シリーズには、小説版やアニメ版も含めるとオリジナルの単語がなんと60以上あるという。そのひとつひとつの意味がわかると、さらに楽しめそうだ。

ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、世界ツアー「WHERE DO WE GO? WORLD TOUR」を正式にキャンセル!チケット代はすべて返金へ

2020年12月7日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、体型についてジャッジしてくる人に物申す! 「これが私のありのままの見た目なの」[動画あり]

2020年12月2日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、自分の胸を思いっきりブッ叩く! 愛犬とのユニークすぎる遊び方がバズる[動画あり]

2020年12月2日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、こっそりタトゥーを入れていたことを告白! 過去と現在のビリーが集まるインタビューは必見[動画あり]

2020年12月1日
ビリー・アイリッシュ

ビリー・アイリッシュ、新アルバムを制作中と語る! 「このアルバムを作れているのは〇〇のおかげ」

2020年11月30日
tvgrooveをフォロー!