ヌードシーンを後悔している俳優… ナタリー・ポートマン、ケイト・ウィンスレットなど・・ その理由とは?

左からナタリー・ポートマン、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット
左からナタリー・ポートマン、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット

映画の中でも目を引くセクシーシーンや過激なシーン。作品を物語としてより魅力的に見せるため、俳優たちはカメラの前で果敢(かかん)に体をさらけ出すことがある。しかし、のちに後悔をすることも当然あるようだ。今回は体を張ったが、後悔している女優、俳優とその理由をご紹介。

ナタリー・ポートマン 『宮廷画家ゴヤは見た』(2006年)、『ホテル・シュヴァリエ』(2007年)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Natalie Portman(@natalieportman)がシェアした投稿

ナタリー・ポートマンは当初、「自分の直感に耳をかたむけなかった。それよりも自分の気合をもっと信じたい」と、役作りのために裸になることについて話していた。作品のために脱ぐことは後悔していないという彼女だが、その後「物語の一部として作品を作ったのに、それがポルノサイトに流出するということが嫌」と語っている。「(セクシーなシーンは)ドラマチックで物語として必要不可欠なのに、本当に腹が立つ。どうしようもないことだし、こうなることはわかっていたけど、それでも」と、怒りをあらわにしていた。

エミリー・ブラント 『マイ・サマー・オブ・ラブ』 (2004年、日本劇場未公開)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jungle Cruise(@disneysjunglecruise)がシェアした投稿

役作りのためにストリップをしたエミリーだが、もう二度とこれをするつもりはないという。彼女は「あまりにきわどいものは今のところはやらない。私ももう22歳じゃないから、ヌードには乗り気じゃないかな。道徳的な問題というより、『前にやったことがあるけど、もう一度やりたいか』っていうこと」と、一度経験したが再度はやりたくないと発言している。

さらに「それは本当に映画のためなのか、それともただ胸を見たいだけなのか?ということだよね。っていうのも、ほとんどの場合必要ないと思うから」と、ヌードシーンの必要性も語っていた。

ケイト・ウィンスレット 『タイタニック』(1997年)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Titanic(@titanicmovie)がシェアした投稿

レオナルド・ディカプリオと同作で共演したケイト・ウィンスレット。当時は社会現象になるほどの人気を得た同作だが、ケイトはセクシーシーンを後悔しているようだ。2012年のインタビューで「あんなに肌を見せなければよかったと思ってる。でも私は若かったし、その当時は何か証明するべきことがあると思った」と、若い自分の判断であったと話した。

テイラー・ロートナー 『トワイライト』シリーズ(2008年~)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taylor Lautner(@taylorlautner)がシェアした投稿

肌を見せたことで後悔をしているのは女優だけではない。俳優のテイラー・ロートナーは「この役のために鍛えて、体型づくりをがんばった。動機は映画のため、ファンのためだったけど、ただ“いい体”として有名になりたくないんだ。もし選べたら、二度と映画でシャツを脱ぎことはないだろう。でもそれってあまり現実的ではないんだよね。それでも自分からお願いして脱ぐことはないよ」と語っていた。

アナ・デ・アルマス

アナ・デ・アルマス、『ブロンド』のヌードシーンで「搾取された」とは感じなかった理由を語る「自分がやっていることを理解して・・」

2022年9月28日
アマンダ・サイフリッド Photo: Matt Baron/BEI/Shutterstock

アマンダ・サイフリッド、19歳でのヌードシーンの撮影を回想! 不快感を覚えるも仕事を続行したワケとは・・?

2022年8月18日
キルスティン・ダンスト

キルスティン・ダンスト、初ヌードシーンに挑戦するも丸々カットされていた! 「とにかく緊張していた…」 映画『マリー・アントワネット』で果敢に挑んだ、22歳当時をふり返る

2022年2月2日
エマ・トンプソン

『クルエラ』エマ・トンプソン、62歳でヌードに挑戦!鏡の前でバスローブを脱ぐ「この歳までできなかったと思う」彼女が感じたヌードシーンの“難しさ”とは?

2022年1月25日
オーランド・ブルーム

オーランド・ブルーム、映画『復讐の十字架』でヌードを披露した経緯を明かす

2020年8月12日
エマ・ワトソン

エマ・ワトソン、映画でヌードやドラッグシーンをやらない理由は? 彼女の回答に『ハリー・ポッター』ファンは感激必至

2020年6月1日
tvgrooveをフォロー!