ファン待望のマーベルシリーズ「ロキ」、ルーカスフィルム「スター・ウォーズ/バッド・バッチ」公開日決定

「ロキ」
「ロキ」

ファンが待ち望んでいたマーベルスタジオ制作のオリジナルドラマシリーズ「ロキ(原題:Loki)」の公開日がついに正式に発表された。

今回の発表によると、ディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」にて今年6月11日からスタートするとのことだ。主人公ロキ役は、映画『マイティ・ソー』や『アベンジャーズ』シリーズで同役を演じてきたトム・ヒドルストンがつとめる。今回の作品では他にも、オーウェン・ウィルソンや、ググ・バサ=ロー、ソフィア・ディ・マルティーノ、ウンミ・モサーク、リチャード・E・グランドといった俳優陣の出演も発表されている。

今回の作品は、2019年に公開された映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後が舞台となっている。シーズン1は6つのエピソードで構成され、シーズン2の製作もすでに進んでいるという。ケイト・ヘロンがメガホンを取り、マイケル・ワルドロンが脚本をつとめる。

主人公「ロキ」は2011年の映画『マイティ・ソー』でスーパーヒーローの兄マイティ・ソーへのコンプレックスから、兄を殺害し地球を侵略しようとした悪役キャラクターだ。ソーとは正反対の性格でありながらも、ソーにいたずらを仕掛けてはしゃいだり、時に兄弟で力を合わせるシーンなどから、悪役という立場を超え多くのファンに愛される存在だ。

なお今回ディズニープラスは、『スター・ウォーズ』のアニメシリーズ「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」の公開日も合わせて発表した。なんと5月4日「スター・ウォーズの日」だ。

さらに「ホークアイ」や「ミス・マーベル」といった注目作品も今年中に公開が予定されており、まだまだマーベルシリーズから目が離せないだろう。

ジェレミー・レナー

マーベル「ホークアイ」のジェレミー・レナー、自宅で弓矢の練習をしている姿を公開! 「8歳の子みたいなんだけど…」とコメントした理由とは[動画あり]

2021年1月20日
ケヴィン・ファイギ

『スター・ウォーズ』の新作を手掛けることになったマーベル社長ケヴィン・ファイギ氏、『スター・ウォーズ』や「マンダロリアン」に関する“あるウワサ”を否定

2021年1月14日
スパイダーマン

『スパイダーマン3』トビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールド出演のウワサについてマーベル社長がコメント「いくつかの憶測を読んだ」

2021年1月12日
『ワンダヴィジョン』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』

2021年マーベル・スタジオ再始動!『ワンダヴィジョン』や『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』などディズニープラス最新情報が一挙解禁

2020年12月11日
tvgrooveをフォロー!