ベネディクト・カンバーバッチ、「ワンダヴィジョン」のファンたちにあることを謝罪! 「失望させて申し訳ないです・・」[※ネタバレあり]

ベネディクト・カンバーバッチと、「ワンダヴィジョン」最新キーアート
ベネディクト・カンバーバッチと、「ワンダヴィジョン」最新キーアート

俳優のベネディクト・カンバーバッチが、現在ディズニープラスで配信されているマーベルの人気ドラマ「ワンダヴィジョン」のファンたちに対し、あることを謝罪をしている。

「ワンダヴィジョン」は、エリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)と、ポール・ベタニー演じるヴィジョンが主人公のドラマで、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の世界の物語。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェーズ4の幕開けを飾るオリジナルドラマシリーズとなっている。誰もが予想だにしなかった怒涛の展開に毎週注目が集まり、先日ついにファイナル・エピソードが配信され話題となった。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

※ここからは「ワンダヴィジョン」のネタバレを含みます。

そんな中、俳優のベネディクト・カンバーバッチが、「ワンダヴィジョン」のファンたちに対し謝罪をしている。

ベネディクト・カンバーバッチといえば、マーベルの『ドクター・ストレンジ』の主演を務めていることで知られている。以前「ワンダヴィジョン」の監督のマット・シャクマンが、ワンダの物語がマーベル映画『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』で明かされると認めたことから、多くのファンたちが「ワンダヴィジョン」のラストに特別ゲストとしてドクター・ストレンジが登場するだろうと予想していたのだ。

しかし実際にはドクター・ストレンジが登場することはなかった。多くのファンたちが落ち込んだようだが、実はベネディクトはファンたちがそういう期待をしていたことすら知らなかったようだ。

「ReelBlend」のインタビューでベネディクトは「失望させて申し訳ないです。そうなってたら(ドクター・ストレンジが登場していたら)きっとおもしろかったでしょう。それはリジーの映画への関与に繋がっていたでしょうね」と残念そうにコメントした。

そんなベネディクトだが、うれしいニュースについてもコメント。続編の『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』についてベネディクトは「ぼくたちはまさに撮影の真っ只中にいます。クリスマス前から撮影を続けているんです。とっても興奮しますよ」と、ファンたちを励ましてくれた。

ジョン・ステイモスと、エリザベス・オルセン

ジェシーおいたん役ジョン・ステイモス、「ワンダヴィジョン」が話題のエリザベス・オルセンと、過去に「フルハウス」のセットで撮影したなつかしいツーショットを公開[写真あり]

2021年3月7日
オルセン姉妹

エリザベス・オルセン、姉の「フルハウス」オルセン姉妹の存在と、自身のキャリアについてその胸の内を赤裸々告白 「家族のコネと言われることを警戒していた」

2021年2月22日
「ワンダヴィジョン」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』、本当は「ワンダヴィジョン」のポストクレジット映像が入る予定だったことが明らかに ヴィジョン役ポール・ベタニーがそのエピソードを明かす[動画あり]

2021年1月21日
オルセン姉妹

エリザベス・オルセン、「ワンダヴィジョン」の撮影は「フルハウス」を思い出す!? 「どこか懐かしい感じ…」と明かした理由とは

2020年11月12日
tvgrooveをフォロー!