ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

ヘンリー王子とメーガン妃、第二子となる娘リリベットちゃんの名前はすでに“ドメイン登録”済み! 登録をした理由について担当者がコメントを発表

メーガン妃とヘンリー王子
メーガン妃とヘンリー王子

ヘンリー王子メーガン妃が、第2子となる女児リリベット・ダイアナちゃんの名前をエリザベス女王への報告以前にドメイン登録していたことが明らかになった。

この度Telegraphが報じたところによると、「LilibetDiana.com(リリベットダイアナドットコム)」が登録されたのが6月4日、そして「LiliDiana.com(リリダイアナドットコム)」が登録されたのが5月31日だという。なお「リリベット」はエリザベス女王が幼かった頃のニックネームだ。

ヘンリー王子夫妻の広報担当者は火曜、Page Sixにコメントを発表。「公表した後に悪用されることがないよう、事前にスタッフ達で候補に上がっている名前のドメインを複数購入していたのです。これは公人にはよくあることです」とつづった。

なお夫妻の間にリリベット・ダイアナちゃんが誕生したのは今月4日のこと。発表されたのは6日(日)だったが、火曜の時点ではこのサイトはまだ運用されていなかった。

ヘンリー王子は昨年上旬、妻メーガン妃とともに英国王室を離脱。現在はアメリカで生活している。第2子に「リリベット」と名づけることについてエリザベス女王にも許可を得たと語っていたが、王室の情報筋によると、女王は「一切知らされていなかった」という。

BBCの王室担当記者ジョニー・ダイモンドは今月初め、「王室の情報筋はBBCに対し、女王はヘンリー王子夫妻の名付けについて相談を受けていなかったと語っている。ヘンリー王子夫妻は女王の許可を得たと言っているが、王室側は『一切聞いていない』というのだ」とツイートしていた。

一方ヘンリー王子側の情報筋は、夫妻がエリザベス女王とは連絡を取り続けているとし、「夫妻は誕生の発表前、あらかじめ家族に報告している。中でも最初に連絡したのが女王だ。その中で、女王をたたえる意味を込めて娘に『リリベット』と名付けたいことも話していた。女王の許可なしに、名前を使うようなことはしないはずだ」と語っていた。

ヘンリー王子とメーガン妃

メーガン妃、第二子出産後初のインタビューに登場! 初の著書や夫ヘンリー王子との関係について語る 「家族の物語を超えた、愛の物語」

2021年6月24日
メーガン妃と、ヘンリー王子

「王室によるメーガン妃に対する中傷キャンペーン」と言われた、メーガン妃による王室スタッフいじめ問題、調査結果の公表を延期へ 実は王室とヘンリー王子夫妻の関係悪化を避けるためだった・・?

2021年6月21日
ヘンリー王子とメーガン妃(インスタグラムより)

メーガン妃、2020年は「悲しみと成長、そして感謝の年」であったと振り返る その理由とは・・

2021年6月21日
メーガン・マークル

メーガン妃、息子のアーチーくんは彼女の絵本が「大好きだ」と語る「彼に本を読むと、いつも『もう一回』と言ってくるのよ」

2021年6月21日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子&メーガン妃、誕生したばかりの娘リリベットちゃんの近況は、イギリス王室にどうやって伝えている? かなり“現代的な方法”が明らかに・・

2021年6月17日
tvgrooveをフォロー!