25歳のインド人男性が多臓器不全で死亡! その原因はなんと“アレ”をコンドームがわりに避妊につかったこと

イメージ画像
イメージ画像

インド国内にて、25歳の男性が亡くなった。死因はなんと、セックスをする際、コンドームではなく強力なエポキシ系接着剤を使用したことだった。

タイムズ紙インド版が報じたところによると、この事故が発生したのは今年6月22日のこと。場所はグジャラート州アフマダーバードにあるホテルで、現地捜査員によると避妊のために使用していたのではないかという。

現地警察はメディアに対し、亡くなった男性サルマン・ミルザについて「亡くなったサルマン・ミルザと彼の婚約者がホテルに入るところを目撃した人が複数いる。2人ともドラッグ中毒だったという情報もあった。2人は避妊具を所持していなかったため、ミルザは局部にエポキシ系接着剤をぬったようだ」と語った。

なお現地メディアは、2人はその接着剤を局部にぬっただけでなく、接着剤を漂白剤と混ぜ、それを吸い込んでトランス状態におちいっていたと報じた。2人を知る人物は警察官に対し、2人が化学物質を混ぜることにハマっていたと明かしている。

事故の翌日、ミルザの知人が集合住宅近くの低木の中で意識を失い倒れているミルザを発見し、自宅に連れ帰った。ところが容態が急速に悪化したため、近くの病院へ運んだという。

警察によると、ミルザは接着剤を避妊具として使用したことに起因する「多臓器不全による死亡」だとのことだ。

一方、男性の友人たちは、彼が化学薬品を使用している間に意識を失ったのではないかと考えており、偽造コンドームによって彼の死が加速したのではないかと推測しているようだ。

ミルザは年老いた両親と2人の姉の面倒を見る家族内で、唯一の稼ぎ頭だという。ミルザの親族たちは彼の死を調査してほしいと現地警察に訴えている。

tvgrooveをフォロー!