銃撃されたレディー・ガガのドッグウォーカーのライアン・フィッシャーさん、お金を募るためクラウドファンディングをおこなった真意を明かす

レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー
レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー

今年1月、レディー・ガガの犬を散歩中に銃撃され、重傷を負ったライアン・フィッシャーさん。同時に犬も誘拐されたが、その後無事に発見された。

ライアン・フィッシャーさんは数ヶ月の療養を経て回復したが、彼が心の傷を癒すために旅をしようとクラウドファンディングを始めたことで、レディー・ガガに対して「フィッシャーさんへの経済的な支援が足りないのではないか」と批判が殺到したのだ。

そんなフィッシャーさんが、ガガへの想いとクラウドファンディングを始めた理由について語っている。

Rolling Stone誌の取材に応じたフィッシャーさんは、クラウドファンディングについて「みんな、私が誰かを責めていると思ったようですが、実際にはすべて愛情だったのです」と語り、「トラウマになるような経験をすると、愛する人も、家族も、みんな『自分は孤独だ』と感じるものです。サポートされていないと感じてしまうのも、それぞれ自身の“旅”だからなのです。それでも私はその“旅”をうまくナビゲートするため、一生懸命努力しました。言葉遣いについても深く考えました。あの動画は変わったものだし、人生を歩むのには変わった方法だったかもしれない。普通じゃないことも理解しています。それでも、私はできる限りの努力をしたのです」と続けた。

またガガや彼女のスタッフについては、「彼らは私の友人です。愛しているし、彼らは間違いなくそばで支えてくれる存在なのです。全てに対し感謝の気持ちしかありません。メディアでの報じられ方によって、なんだか変な感じになってしまっただけなのです。それでも、私はこの友情をとても素晴らしいと感じていますよ」と感謝の言葉を口にしていた。

一方で、彼のアシスタントが「フィッシャーさんは十分な支援を得られていない」と主張していることについては、「そんなことはありません。十分な支援を受け、感謝しています。犯罪被害者で、ここまで手厚くサポートしてもらえる人はなかなかいないでしょう」と否定していた。

レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー

レディー・ガガの愛犬たちを散歩代行していたライアン・フィッシャーさん、回復の過程で「目標を失ったことが一番ツライ」と告白 「僕の体はまだ、犬を世話できるほどの準備が整っていません」

2021年5月27日
レディー・ガガと、愛犬のグスタヴとコージ

レディー・ガガの愛犬誘拐&散歩係銃撃事件の更なる詳細が明らかに なんと犯人たちは「レディー・ガガの犬だとは知らなかった」

2021年5月6日
レディー・ガガと、愛犬のグスタヴとコージ

レディー・ガガ、愛犬誘拐&散歩係銃撃事件の容疑者5人がついに逮捕! 犬を警察に届けていた女も犯人グループの1人であることが明らかに

2021年4月30日
レディー・ガガ(左)、ライアン・フィッシャー

4回発砲されたレディー・ガガの愛犬散歩担当者、退院するも肺に穴が開いてしまう 「回復への道のりは一筋縄ではいかない」[動画あり]

2021年3月30日
レディー・ガガと、ライアン・フィッシャー

レディー・ガガの犬を散歩中、銃撃され重体となっていた散歩係ライアン・フィッシャーが病院からの写真とメッセージを初投稿! 事件の時の様子を明かし、さらにガガへの感謝のメッセージも[写真あり]

2021年3月2日
tvgrooveをフォロー!