ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判の傍聴席に座るため、ファンは多額の金額を費やしていた!「ロスを行ったり来たりして・・」「1年分の有給休暇を使って・・」いったいいくら費やした?

裁判の様子(アンバー・ハード、ジョニー・デップ)
裁判の様子(アンバー・ハード、ジョニー・デップ)

現在行われている、ジョニー・デップアンバー・ハードの裁判。熱狂的なファンたちは、傍聴席の最前列の席を確保するために、多大な労力とお金を費やしたようだ。

ジョニーは、2018年にワシントン・ポスト紙にアンバーが寄稿した記事により、公人としてのイメージが傷付けられたとして、5千万ドル相当の名誉毀損でアンバーを提訴している。この記事の中でジョニーは名指しされていないが、アンバーによって自分の評判とキャリアを衰退させられ、数百万ドルの仕事を奪われたと主張している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Page Six(@pagesix)がシェアした投稿

裁判所前に駆けつけたファンの中には、毎日法廷に入るために必要なリストバンドを確保するべく、早朝から並んでいる人もいたようだ。

ファンの1人、52歳のシャロン・スミスさんは、この裁判を見るためになんとイギリスから駆けつけたという。イギリスで12年間の交際を終えたばかりだというスミスさんは4月、裁判が始まると自分の荷物を倉庫に詰めてバージニア州へと飛行機でやってきたという。そんな彼女は、裁判がない日はロサンゼルスへ行き、裁判が再開されると戻ってくるのだそうだ。「私はロスから行ったり来たりしているので、毎回600〜700ドルはかかります」と説明し「ホテル、食事代などでコストは大体1万ドル(約128万円)です」とコメントした。

さらに、裁判を見るために1年分の有給休暇を使ってロサンゼルスからやってきたというイワン・デ・ブールさん(59歳)は、これまでに3万ドル(約385万)の費用がかかっているという。「私はジョニーのためにここにいられるよう、1年間の休暇を取りました」「私とジョニーは同じ年で、独身だから、やりたいことをやっています」とコメントし、これだけ大金をつぎ込んでも「後悔していない」と断言。「ここにいなかったら、もっと後悔していたかもしれません」と話している。

アンバー・ハードと、ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、アンバー・ハードとの関係が「正しくない」と気づいた決定的な瞬間を裁判で明かす!夫婦だった時にジョニーの中で起きた心の変化とは?

2022年5月12日
ジョニー・デップと、カミーユ・ベスケス弁護士

ドロ沼裁判中のジョニー・デップ、女性弁護士との交際疑惑が浮上! ネット上は2人の法廷でのやりとりに大盛り上がり[動画あり]

2022年5月12日
アンバー・ハード Photo: Jim Lo Scalzo/AP/Shutterstock

アンバー・ハードの証言は「ウソ泣き」!? ジョニー・デップとの裁判で「一滴も涙をこぼしていない」とネット上で大炎上

2022年5月9日
アンバー・ハードとジョニー・デップ

裁判中のアンバー・ハードとジョニー・デップ、お互いへの批判コメントを発表! 「アンバーは都合のいい証言ばかり」「ジョニーの弁護人は検察官ではなく虐待者」 両者一歩も譲らないドロ沼バトルに

2022年5月9日
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

「ジョニー・デップに正義を!」アンバー・ハードとの裁判の中、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズへジョニーの復帰を求める嘆願書が再びヒートアップ、オドロキの署名数を突破

2022年5月8日
tvgrooveをフォロー!