新「チャーリーズ・エンジェル」のビジュアルついに初披露! クリステン・スチュワート、ナオミ・スコットら演じる【エンジェル】の魅力が爆発

ナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンシュカ、エリザベス・バンクス
(左から)ナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンシュカ、エリザベス・バンクス

「チャーリーズ・エンジェル」のファーストルックが公開され、作品の設定が明らかになった。

クリステン・スチュワートナオミ・スコット(映画「パワーレンジャー」)、そして新星エラ・バリンシュカ(21)が主演を務め、エリザベス・バンクスが監督と主演、製作を兼ねる本作。

新「チャーリーズ・エンジェル」はリメイクやリブートではなく、1970年代に放送されたオリジナルドラマとキャメロン・ディアスらが登場した劇場版の「続編」のような作品。探偵事務所を含めチャールズ・タウンゼントの組織は成長を続け世界規模になっており、グローバルなスパイ活動のビジネスも行なっているという。

クリステン演じるサビーナ・ウィルソンは熟練した技術を持つワイルドな人物、エラは元MI6の戦闘員ジェーン・カノ、ナオミは名門校マサチューセッツ工科大学で訓練を受けた科学者エレナ・ホフリンに扮する。

公開された写真は、エンジェル3人とエリザベス・バンクス演じるボスレーの4人のショット。クリステンはボーイッシュなヘアカットで全身ヒョウ柄の服で固めており、今までのエンジェルとは異なる雰囲気を醸し出している。

他には男性に混じって競馬騎手に扮しているクリステンや、丘の影に3人で隠れているミッション中の画像も。さらには監督・製作も務めるエリザベス・バンクスのメイキング写真も公開されている。

加えてネットフリックスの人気映画「好きだった君へのラブレター」や「シエラ・バージェスはルーザー」への出演で注目を集めている俳優ノア・センティネオの姿が。クリステンらが演じるエンジェルたちの「気になる存在」を演じるといわれている。

彼女たちを取り巻く存在についてはまだベールに包まれている。本作には複数のボスレーが登場予定で少なくとももう1人、パトリック・スチュワートが配役。彼の他にも「世界一キライなあなたに」に主演したイケメン俳優のサム・クラフリンもキャスティングされるなど俳優陣は超豪華だ。新「チャーリーズ・エンジェル」は2019年9月27日より全米公開予定である。

 

カミラ・カベロ、新実写映画「シンデレラ」の主演に大抜擢

2019.04.11

実写版「アラジン」、新予告編で初「ホール・ニュー・ワールド」が公開! 「青くない」ジーニーも登場[動画あり]

2019.03.13

大ヒット映画「トワイライト」のコンビが再会! クリステン・スチュワートがテイラー・ロートナーの誕生日会へ[写真あり]

2019.02.15

クリステン・スチュワートが、ステラ・マックスウェルと破局? 謎の女性との手つなぎデートがキャッチ

2018.12.21