マイリー・サイラスの妹ノア・サイラス、ザナックス中毒だったことを明らかに 「どん底」状態から抜け出せたキッカケとは…

ノア・サイラス
ノア・サイラス

米人気歌手マイリー・サイラス(29)の妹で同じく歌手のノア・サイラス(22)が、かつてザナックス中毒であったことを告白した。

9月16日にアルバム「ザ・ハーデスト・パート」でデビューする予定のノアは、米Rolling Stone誌のインタビューの中で、2020年に始まったザナックス依存症や、その後の回復について明かしている。

【動画】アルバム先行配信曲「レディ・トゥ・ゴー」ビジュアライザー

そもそもノアが、ザナックス(※)にハマったきっかけは18歳のときに付き合っていた彼氏が初めてザナックスをくれたことだったという。ノアは同誌に「それが私たちの絆を深めるひとつの方法になった」と語っている。

※ザナックス…(一般名アルプラゾラム)不安・緊張・抑うつ・睡眠障害といった症状に対処するための薬。

「私は、彼にぴったりな人になりたかったんだと思う。彼が望むもの、彼がクールだと思ったもの、そしてみんながやっていると思うものになりたかったの」

ノアは当時、ザナックスを簡単に入手できる人に囲まれていたと言い、パーティーで使うようなドラッグよりも、ザナックスを飲むことを好んでいたという。

「少しでも物事を黙殺して、痛みをマヒさせることが可能だと感じたらもうおしまい。暗い穴、底なし沼に落ちていくようなものよ」

ザナックスを大量に服用した結果、ノアは一日中眠り続けたり、日にちが分からなくなったりといった、記憶障害に悩まされるように。新型コロナウイルスが蔓延した際、ノアのこの症状はピークに達しており、インタビュー中に気を失ったり、最愛の祖母の死にきちんと向き合えなかったりと、生活に支障をきたすようになっていたという。

「私の祖母が死んだとき、そこにいなかったことに罪の意識を感じました。物理的にはいたけれど、感情的に私はいなかった。(そこにいることが)できなかったんです」

ノアはようやくこのとき、愛する人たちや、必要としている人たちを自分から遠ざけていたことに気がついたのだという。

それからまもなくして、回復への一歩を踏み出すことになったノア。ザナックス中毒に苦しむ彼女の助けとなったのは、大好きな“音楽”だったという。助けを求めてから半年後に制作が開始されたアルバム「ザ・ハーデスト・パート」の収録曲「Noah (Stand Still) | ノア(スタンド・スティル)」には、ノアの当時の複雑な感情が歌われている。

「20歳になったとき/21歳にはなれないかもしれないという思いに圧倒された/死が玄関先まで迫っている/もしわたしがもう一歩踏み出せば/これらの歌以外、私には何も残されていない」

ノアが人生で経験した喪失や失恋、混乱といった目まぐるしい感情が表現されたデビューアルバム「ザ・ハーデスト・パート」は、9月16日にリリース予定。

ノア・サイラス

ノア・サイラス、デビューアルバムのトラックリストと発売日を発表!先行配信曲「レディ・トゥ・ゴー」はノア・サイラスの歌声が美しく響くカントリーソングに

2022年6月24日
マイリー・サイラスとマックス・モーランド

マイリー・サイラス、かねてからウワサされていたミュージシャンのマックス・モーランドと交際をついに認める!? 熱いキス姿がパパラッチ[写真あり]

2022年4月17日
左からビリー・レイ・サイラス、マイリー・サイラス、ティッシュ・サイラス Photo: Chelsea Lauren/Shutterstock

マイリー・サイラスの両親が離婚! ビリー・レイ・サイラス&ティッシュ・サイラスが共同声明を発表、気になる離婚理由とは?

2022年4月12日
ハリー・スタイルズと、ノア・サイラス

ノア・サイラス、ハリー・スタイルズを擁護するつもりが人種差別ととれる発言をしてしまい謝罪! 問題視されたある言葉とは・・

2020年12月6日
ノア・サイラス(左)、マイリー・サイラス

ノア・サイラス、姉マイリー・サイラスの影で育つのが「耐えられなかった」! 「人生でずっと言われてきた」と告白[動画あり]

2020年5月18日
2018年に交際していた時のノア・サイラスと、リル・ザン

ノア・サイラス、泥沼破局したラッパーのリル・ザンとまさかの再会! 実は一緒に自主隔離中…?[写真あり]

2020年4月6日
tvgrooveをフォロー!