ノア・サイラス、ハリー・スタイルズを擁護するつもりが人種差別ととれる発言をしてしまい謝罪! 問題視されたある言葉とは・・

ハリー・スタイルズと、ノア・サイラス
ハリー・スタイルズと、ノア・サイラス

マイリー・サイラスの妹で歌手のノア・サイラスが、自身のSNS上で人種差別ともとれる表現を使用してしまったことを謝罪した。

ノア・サイラスは先日、インスタグラムに1枚の写真と、それを支持する意思を表明したメッセージを投稿した。その写真とは、歌手のハリー・スタイルズがヴォーグ誌に登場した際のもので、当時の彼の衣装が物議をかもしていた。

男性ソロ歌手として初めてヴォーグの表紙を飾ったハリー・スタイルズは、ドレスの上にグッチのジャケットをはおっていたのだ。性別を意識させないそのスタイルに、黒人女性コメンテーターのキャンディス・オーウェンズが反応。「男らしい男を連れてきて」とコメントしたのだった。

これに対しノアは、インスタグラムのストーリーに投稿したハリーの写真に「彼はどんな女性よりも素敵にこのドレスを着こなしているわよ。あなたみたいな“nappy”なんかよりずっとね」とコメントを添えた。

この「nappy」という単語は黒人特有の髪質を表しており、歴史的に侮辱的な表現とされている。このことから、ノアの投稿には多くの批判が殺到。あるツイッターユーザーは、「白人はいい加減、こんな表現を使うのはやめた方がいい。意味もよくわかっていないくせに、かっこいいからって理由で使っているんだから」と苦言を呈していた。

今週初めには、ハリー本人もこの騒動に反応。最新のVariety誌に掲載された写真に「男らしい男を連れてきて」というフレーズを引用して使用しており、他にも多くの有名人たちが「生きたいように生きればいい」とハリーを支持する姿勢を見せている。

またハリーの実母であるアン・ツイストは出演したテレビ番組で、「自分が着たいものを着ればいいのよ」と語り、「私自身がヒラヒラした洋服が好きでハリーにも幼い頃から着せていたから、それが影響したのかもしれないわね」と付け加えていた。

ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、中性的なファッションを痛烈批判した相手に反論! ハリーのユーモアあるコメントとは?[写真あり]

2020年12月4日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、新作映画『Don’t Worry Darling』の撮影現場をパパラッチ! 映画の舞台である1950年代を意識した貴重なスーツ姿は必見[写真あり]

2020年12月4日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、Variety誌の表紙を飾る!インタビューでは人種差別について「振り返ってみると、過去の自分は十分に発言してこなかったと思う」と心境を告白[写真あり]

2020年12月3日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズの“性別の壁を破る”ファッション、パールのネックレスやバレリーナ姿など、これまでの印象的なルックスをおさらい

2020年11月18日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、VOGUEでのドレススタイルを批判される! 「強い男なしでは社会は成り立たない」、これにあの味方が強く反論

2020年11月17日
tvgrooveをフォロー!