ハリー・スタイルズ、Variety誌の表紙を飾る!インタビューでは人種差別について「振り返ってみると、過去の自分は十分に発言してこなかったと思う」と心境を告白[写真あり]

ハリー・スタイルズ
ハリー・スタイルズ(インスタグラムより)

「ワン・ダイレクション」メンバーで現在はソロアーティスト、モデル、俳優として活躍するハリー・スタイルズ。彼はVariety誌の最新号で表紙を飾り、インタビューでは、人種差別について語った。

表紙を飾ったハリー↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Variety(@variety)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Variety(@variety)がシェアした投稿

アメリカでの人種的混乱に満ちた1年を受けて、ハリーは人種差別、そしてBlack Lives Matter運動について振り返り、「人種について話すことは、誰にとっても本当に居心地が悪いことだと思う」「でも僕は気づいた、自分の居心地とかは、この問題に何も関係ないってね。これって会話をしない理由としては十分ではないし」と話した。

また、警察官に黒人のジョージ・フロイドさんが殺害された事件の後、ハリーは抗議デモで逮捕された活動家たちのための保釈基金に寄付。「人種差別主義者ではないということだけでは不十分で、“反”人種差別主義にならなければいけない」と声明も発表していたのだが、今回のインタビューでも改めてこの時の心境を振り返っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Variety(@variety)がシェアした投稿

「振り返ってみると、過去の自分は十分に発言してこなかったと思う。その気持ちがオープンになって学ぶ準備をするために、僕の背中を押してくれた」「歴史的に見ても、音楽以上に黒人文化から恩恵を受けた業界はないと思う。この長い歴史の中で公正な報酬を得られなかったことについて、議論が必要だよ」と話した。

「今は話を聞く時間であり、人々が謙虚になり、教育を受け、学んで変わろうとするようになることを願ってる」と、付け加えたハリー。今回の彼の言葉は、多くの世代の心にきっと届いたはずだろう。

ハリー・スタイルズと、ニック・クロール

ハリー・スタイルズ、俳優ニック・クロールのプロポーズをお手伝いしていた! 「両親よりも先にぼくたちの結婚を知ったのはハリーなんだよ」と語った理由とは[動画あり]

2020年12月2日
キャサリン・ハイグルと、ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、「ウォーターメロン・シュガー」にはかなり性的な意味が含まれていた!? 女優のキャサリン・ハイグルがそれについてコメント[動画あり]

2020年11月26日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、自身が広告塔を務めるブランド「グッチ」の特別短編映画に出演! ハリーが持っているものはスマホではなく…[動画あり]

2020年11月19日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズの“性別の壁を破る”ファッション、パールのネックレスやバレリーナ姿など、これまでの印象的なルックスをおさらい

2020年11月18日
ハリー・スタイルズ

ハリー・スタイルズ、抗議デモで逮捕された活動家たちのための保釈基金に寄付! 「人種差別をしないだけでは不十分、“反”人種差別主義になるべきだ」

2020年6月2日
tvgrooveをフォロー!