ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

サイモン・ペッグ、『ミッション:インポッシブル』新作のタイトルを誰からも聞かされていなかった!? 彼がタイトルを知った方法とは・・?

サイモン・ペッグ
サイモン・ペッグ

俳優のサイモン・ペッグが『ミッション:インポッシブル』シリーズの7作目と8作目のタイトルを知った時のことを振り返った。

トム・クルーズ演じるスパイ組織IMFに所属する主人公イーサン・ハントと、彼率いるチームの活躍を描く全世界で大ヒットの『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その7作目のタイトルは、『Mission:Impossible – DEAD RECKONING – PART ONE』だ(邦題は『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mission: Impossible(@missionimpossible)がシェアした投稿

サイモンは、同シリーズでベンジー・ダンを長年演じており、7作目にももちろん復帰する。

Colliderとの最近のインタビューで、サイモン・ペッグは待望の『ミッション:インポッシブル』に対する洞察を語っている。続編のタイトルが「Dead Reckoning」になることをいつから知っていたかと聞かれたサイモンは、わたしたち観客と同じように数ヶ月前に公開された予告編で発見し、脚本・監督のクリストファー・マッカリーにメールして聞いたことを明かした。「ぼくは予告編の日に知ったんだ、クリストファー・マッカリーからじゃなくてね。誰も教えてくれなかった。だからマックQに『Dead Reckoning? いつかのタイミングでぼくたちにそれを伝えようとしたのかい?』ってテキストを送ったんだ」。

先日公開された『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の特別映像では、かつてCIAに所属しIMFの監督官だったユージンより「君の”大義”のための戦いは 終わりだ」と告げられるイーサンの姿が映し出されている。本作のタイトルである「デッドレコニング」とは[推測航法]の意。航行した経路や進んだ距離、起点、偏流などから過去や現在の位置を推定し、その位置情報をもとにして行う航法のことであり、イーサンのこれまでの軌跡を辿る集大成の物語となっている。

トム・クルーズ

トム・クルーズ、これまでの出演作のギャラ事情が明らかに! 『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『ラストサムライ』などをおさえ一番高額なギャラを受け取ったのはあの話題作

2022年6月28日
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』日本公開決定! トム・クルーズが崖から高速バイクごと決死のダイブ!超衝撃の映像が世界一斉解禁[動画あり]

2022年5月26日
トム・クルーズ

『ミッション:インポッシブル7』予告編がオフィシャル公開前に流出!? パラマウントが取り締まりを強化・・流出した多くの動画は“無効化”に

2022年5月25日
『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ

トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』7作目の原題タイトルが決定!さらにシネマコンではトムからのメッセージや予告編も公開される

2022年4月30日
トム・クルーズ

トム・クルーズ、『ミッション:インポッシブル』クルーにクリスマスプレゼント!なんとプライベートジェットで300個の〇〇を運ぶ

2021年12月15日
tvgrooveをフォロー!