「ヴァンパイア・ダイアリーズ」マシュー・デイヴィス、プロポーズから3時間後に結婚

マシュー・デイヴィス

海外ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」の歴史教師アラリック・サルツマン役などで知られる俳優マシュー・デイヴィス(40)が結婚。プロポーズから、わずか3時間後のことだった。

12月23日、マシュー・デイヴィスはかねてより交際していたカイリー・カシアーノに、結婚を申し込んだ。イエスの返事を得ると、その3時間後には正式に結婚。すべて米カリフォルニア州で済ませたことを、米TMZが伝えている。

以上の顛末を、マシュー・デイヴィス「クリスマス・イヴ・イヴの出来事」として、自らインスタグラムで報告。恋人から婚約者、花嫁、そして新妻へと慌ただしく立場を変えたカイリーとの2ショット、そして指輪やドレス姿も公開している。

結婚後、初の投稿では早速カイリーのことを「My beautiful wife(ぼくの美しい妻)」と呼称。「喜びに満ちた結婚初日」とのろけまくりだ。

マシュー・デイヴィスは、2008年に同業のリーリー・ソビエスキーと結婚するも、翌年に離婚しており、今回が二度目の結婚となる。

俳優としては、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のほか、映画「キューティ・ブロンド」(2001)や、ドラマ「CSI:科学捜査班」に出演。現在はTVDのスピンオフである新作ドラマ「Legacies(原題)」にて、引き続きアラリック・サルツマン役で出演。前作から出世し、今作では校長になっている。

お相手カイリーも、早々にインスタグラムのアカウント名を変更。いまはカイリー・“デイヴィス”を名乗っている。

View this post on Instagram

A very married Christmas. 12/23/2018 ❤️??

A post shared by Kiley Casciano (@imkileydavis) on

tvgrooveをフォロー!