エリック・クラプトン、4月来日決定! 海外アーティスト初となる日本武道館100回目公演を実施へ

エリック・クラプトン
エリック・クラプトン

デビュー60周年を迎える大物アーティスト、エリック・クラプトンが4月に来日公演を行うことが決定。今回の来日では、海外アーティスト初となる日本武道館100回目のメモリアル公演も実施される予定だ。

来日公演概要

【東京】

4月15日(土)日本武道館 17:00 開場/18:00 開演

4月18日(火)日本武道館 18:00 開場/19:00 開演

4月19日(水)日本武道館 18:00 開場/19:00 開演

☆4月21日(金)日本武道館 18:00 開場/19:00 開演(100回目となるメモリアル公演)

4月22日(土)日本武道館 16:00 開場/17:00 開演

4月24日(月)日本武道館 18:00 開場/19:00 開演

料金:S席 ¥20,000 A席 ¥19,000(税込)

主催:J-WAVE/TOKYO FM/interfm/FM ヨコハマ/bayfm
特別協賛:株式会社 黒澤楽器店
協力:ユニバーサル ミュージック
企画・招へい・制作・お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 https://udo.jp

☆公演ページ https://ericclapton2023.udo.jp

バイオグラフィー

2019年春の、日本武道館での5夜限定ライヴ以来ちょうど4年ぶりとなるエリック・クラプトンの日本公演が決定した。1974年の秋、29歳のときにはじめて日本の土を踏んでから、半世紀近くの時間が流れた現在に至るまで、ほぼ定期的に来日を重ね、幾多の伝説と逸話を残し、この国の音楽文化の発展にも大きく寄与してきたクラプトンにとって、これが通算23回目の日本公演ということになる。約半世紀で23回。つまり、これまでクラプトンは、2年か3年に1回のペースで信頼する音楽仲間たちとともに日本のファンの前に立ってきたわけだが、今回の4年間という時間が持つ意味や重さは、過去に繰り返し報じられてきた「~年ぶり」とはまったくちがうものといえるのではないだろうか。パンデミックとそれをめぐる社会の混乱に、「ミュージシャンのやるべきことは、優れた音楽を創造し、多くの人たちに届けること」という価値観やスタンスを崩すことなく対峙してきたクラプトンが、すべての条件や状況を考慮したうえで、また武道館のステージに戻ってくるのだ。「優れた音楽を、多くの人たちに届ける」ために。もう一つ指摘しておきたいのは、2023年日本公演直前の3月30日に、エリック・クラプトンが78回目の誕生日を迎えるということ。古来日本では人生の大きな節目とされてきた喜寿も越え、以前に彼の口から直接聞いた「80歳になっても、ステージに立ってギターを弾き、歌っていたい」というあの言葉が、いよいよ現実のものとなりそうなのだ。また、今回も東京九段の武道館のみで行なわれる日本公演のあいだに、クラプトンの武道館ライヴはじつに100回を数えることになる。100回だ! さらに加えて、2023年は、ヤードバーズに参加して本格的な一歩を踏み出してから60年、アルバム「アンプラグド」と「ティアーズ・イン・ヘヴン」によるグラミー賞制覇から30年という、記念の年でもある。例によって、クラプトン自身がそういったことに関してことさら多くを語ることはないと思うが、いろいろな意味で、2023年の武道館公演は「セレブレイション」という言葉がとても似合うものとなるのではないだろうか。2019年武道館公演あとの動きをざっと整理しておくと、5月に恒例行事となっているロイヤル・アルバート・ホール連続公演を行なったクラプトンは、9月にはテキサス州ダラスで第5回クロスロード・ギター・フェスティヴァルを主宰。マーカス・キングやジェイムズ・ベイといった注目の若手、グスタボ・サンタオライヤ、ダニエル・サンティアゴ、ペドロ・マルティンスなど異ジャンルの演奏家を含む新旧約40組のアーティストを招いたその大規模イベントを成功させている。そのほぼ全貌を、CD、ヴァイナル、DVD、ブルーレイなど複数のフォーマットでファンに届けているのだが、彼自身は、ピーター・フランプトンとの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、プリンスに捧げた「パープル・レイン」などで鮮烈な印象を残した。2020年のツアー・スケジュールは、コロナ禍の影響でほぼすべてが延期を余儀なくされる。さらに2021年春のアルバート・ホール公演も延期となってしまうのだが、そのときクラプトンは、ネイザン・イースト、スティーヴ・ガッド、クリス・ステイントンをウェスト・サセックス州ミッドハーストのカウドレイ・ハウス(13世紀に起源を持つ美しい建物)に呼び寄せ、アコースティック中心のセッションを重ねた。そしてそこから、ライヴ作品「レディ・イン・ザ・バルコニー:ロックダウン・セッションズ」を、やはり複数のフォーマットで届けてくれたのだった。ヴァン・モリスンとのプロジェクト、スローハンド&ヴァンも忘れられない。それらはいずれも、音楽家の使命「優れた音楽を、多くの人たちに届ける」ための挑戦だった。その後クラプトンは、さまざまな規制と折り合いをつけ、障壁を乗り越えながら、無理のないペースでツアーを展開し、そして来年春、いよいよ日本にやって来ることになったのだ。参加ミュージシャンは、2019年日本公演の時期にラインナップが固まり、これまでずっと彼を支えてきた7人。ステージ上でのケミストリーをなによりも大切にしてきたクラプトンが全幅の信頼を寄せるミュージシャンたちだ。繰り返しになるが、来年2023年、デビュー60周年を祝うことになるクラプトンは、4月の来日公演中に、通算100回目の日本武道館ライヴを行なう。本人が意識しているかどうかわからないが、ともかくそれは、驚異的な数字であり、偉大な記録である。まもなく私たちは、その歴史的な瞬間を目撃し、共有することになるのだ。(大友博)

リリース情報

「レディ・イン・ザ・バルコニー:ロックダウン・セッションズ」
NOW ON SALE

パンデミックの影響を受け、2021年5月、ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートが結局キャンセルになり、その代わりにイギリスのウェスト・サセックスでバンド仲間と集まり、小さなコンサートを開催、収録したもの。「アフター・ミッドナイト」、「いとしのレイラ」、「ベル・ボトム・ブルース」、「ティアーズ・イン・ヘヴン」、「だれも知らない」、「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」などの時代を超えた名曲に加えて、ピーター・グリーン時代のフリートウッド・マックの「ブラック・マジック・ウーマン」や、「マン・オブ・ザ・ワールド」などのカヴァーも収録。

スティング Photo: Eric Ryan Anderson

スティング、2023年来日公演初日の3/8にアルバム「マイ・ソングス」日本製造LPをリリースへ

2022年12月20日
アークティック・モンキーズ

UKロックシーンの最高峰=アークティック・モンキーズ、来日公演決定! 単独公演としてはなんと13年ぶり

2022年12月13日
ブライアン・アダムス

ブライアン・アダムス、来春に来日決定! ヒット曲満載でおくる待望の来日公演を宮城・大阪・東京・愛知で開催へ

2022年11月21日
コナン・グレイ

次世代ポップ・シーンを率いるコナン・グレイ、初ジャパンツアーが開催決定! 大阪・横浜の2都市で来日公演を実施へ

2022年11月15日
ディープ・パープル

“ハードロックの生ける伝説”ディープ・パープル、ジャパンツアー決定! デビューから55年を迎えるレジェンドが来年3月に来日へ

2022年11月14日
The 1975

The 1975、来春に来日公演を行うことが決定! 神奈川・愛知・大阪で全4公演を開催へ

2022年9月21日
tvgrooveをフォロー!