FILMS/TV SERIESNEWS

サム・スミス、『バービー』イベントでの衣装が物議をかもす!映画のイメージとは正反対なルックスに「これはカニエ・ウェストの映画じゃない」など批判の声も[写真あり]

サム・スミス FILMS/TV SERIES
サム・スミス

先日、ロンドンで開催されたマーゴット・ロビー主演『バービー』のプレミアで、サム・スミスが着用した衣装がネット上でからかわれている。

サムは現地時間7月12日にロンドンで行われた『バービー』のピンクカーペットで、Vetementsの2024年春夏コレクションのオーバーサイズのブルースウェットシャツとワイドレッグのジーンズを着用した。

着心地の良いスタイルで登場したサム。しかしファンは、レッドカーペットの華やかなイメージとは程遠いことから、驚きを隠せなかったようだ。「バービーのファンタジーはどこに?これはカニエ・ウェストの映画ではない」「もっとも派手に見せる機会なのに、これを代わりに選んだの・・?」などの声も寄せられた。

一方この日、主演のマーゴットは、バービー人形「エンチャンテッド・イブニング1960ファッションドール」に敬意を表したルックを披露した。ヴィヴィアン・ウエストウッドのパステルピンクのカスタムガウンを着用。ガウンには、ヒップに取り付けられたロゼットとトレーンが付いており、オフショルダーのフリルカラーや白いオペラグローブも含まれていた。

マーゴットはこれまでの『バービー』イベントで、バービー人形のルックを再現していることでも注目を集めている。

8 月 11 日(金)に日本公開される『バービー』。スタイリッシュなファッションと明るいキャラクターで、多くの女性を虜にしてきたバービーを演じるのは、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』のマーゴット・ロビー。ケンを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー主演男優賞にノミネートされた、ライアン・ゴズリング。監督は『レディ・バード』でアカデミー監督賞・脚本賞にノミネートされたグレタ・ガーウィグが努める。豪華俳優陣が出演するとあって、この夏もっとも期待される作品のひとつとなっている。

tvgrooveをフォロー!