X-MENやファンタスティック・フォーのMCU入りを、マーベル・スタジオ社長が宣言! 「2019年前半にもスタート」

ケヴィン・ファイギ

X-MEN、ファンタスティック・フォーなど、これまでフォックスが展開してきた映画シリーズのキャラクターたちのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)入りの進捗について、マーベル・スタジオの社長、ケヴィン・ファイギが語った。

ケヴィン・ファイギは、マーベル・コミックに関する知識を買われ、20世紀フォックス制作の映画「X-メン」(2000)から、原作シリーズの映画化作品にかかわり続けてきた。ディズニーが展開するMCUの作品群には、2008年のシリーズ第一作「アイアンマン」から参加。今年公開の「ブラックパンサー」のヒットにより、プロデューサーとして、スティーヴン・スピルバーグが持っていた、全米累計興行収入記録を塗り替えた。

MCUを制作・公開するディズニーが、フォックスを買収したことによって、現在、これまで同じ原作を用いながら、二社が別々に展開してきたシリーズの合流が注目されている。進捗が話題になる中、Varietyに対してファイギは、現時点において、「正式な」ゴーサインは出ていないと状況を明かした。

しかしケヴィン・ファイギによれば、両シリーズの合流は「かなりいい状態」にあるとのことで、「2019年上半期にも実現できるかもしれない」と述べている。とはいえ「実際の構想や計画に関しては、まだ手を付けていない」と、強調している。

ケヴィン・ファイギは、マーベルの「すべてのキャラクターが共存できる作品を作れる」ことに、喜びをあらわにしている。ディズニーのCEOボブ・アイガーも彼に同調しており、以前のインタビューでは「マーベルはふたつもいらない」と、両シリーズの合流を同社が前向きに考えていることを主張していた。

映画「アントマン&ワスプ」、巨匠スタン・リーの貴重なメイキング映像が明らかに! なんと11テイクものシーンが登場

2018.12.18

映画「キャプテン・マーベル」公開を記念し、【MARVEL CAFE -HERO’S ORIGIN-】が大阪に期間限定でオープン! ネーミングにもこだわったオリジナルメニューも登場

2018.12.18

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」、邦題が正式決定! アベンジャーズの終わりを意味する?

2018.12.18
tvgroove

セレブ、エンタメ、ファッション、ゴシップ情報・ニュースメディア

☆Twitterで最新情報を発信中!今すぐフォロー!