『プロ野球スピリッツ』最速SP体験会に永尾まりや、市川美織、原あや香が『プロスピ』彼女風衣装で登場! “解説者”赤星憲広、里崎智也も出席

(左から)赤星憲広、永尾まりや、市川美織、原あや香、里崎智也

タレントの永尾まりや市川美織原あや香が、25日に都内で開催された『プロ野球スピリッツ』最速スペシャル体験会に出席した。ゲーム内で実在の人物として登場する3人は、ゲーム内の彼女風衣装で登場し、ホームラン競争でゲームの腕を競い合った。

『プロ野球スピリッツ2019』は、プロ野球選手の見た目やフォーム、さらには思考までも再現したゲーム。永尾、市川、原は、プロ野球選手の人生を体感できる『スタープレイヤー』モードで、実在の人物として登場。プレイヤーは3人を彼女にすることができる。この日は『プロ野球スピリッツ2019』で解説者を務める赤星憲広里崎智也も出席した。

イベントでは、永尾、市川、原が「ホームラン競争」で勝負する一幕も。アナウンサー役の長尾は快調にホームランを飛ばし、230ポイントを獲得。「けっこう良かったですよね。思ったより打てちゃったんですけど、どうです?リハより全然できちゃった」とニッコリ。「(ホームランが)真ん中行ったら気持ちいいですね」とも。


タレント役の市川は独特な構えで挑戦するも、空振りや飛距離が足りず、なかなかホームランが出ずに、24ポイントという結果に。「本当に申し訳ないですね。違うんです!本当に真剣にやっているんです!」と弁解しつつ「できないけど楽しめる」とゲームを楽しんだ様子だった。一方、会社受付役の原は、永尾と同じホームラン数を記録したものの、連続ホームランで生じるコンボの差で2位となった。

見事に一位を獲得した永尾だったが、ミッションとして即興で芝居をすることになってしまい、「何で一位になっちゃったんだろう」と照れ笑い。その後、ムーディーな音楽が流れるなかで、永尾が「憲くん、憲くんってば!」と彼女風の台詞を投げると、赤星は「なんだ、これ!?」と大慌て。

「憲くんさあ、最近さあ、テレビとかばっか見てさあ、私の方、見てなくない?私の方、見てよ」と不満げな様子の永尾は「もう付き合って3年くらい経つじゃん?なんか最近、私のこと好きなのかな?とか思ったりするの。不安になるんだけど、本当に私のこと好き?」と尋ね、これを受けた赤星は「めっちゃ好き」と即答。その後も「好きなら、私と家族になろう?」(永尾)、「結婚する!」(赤星)というゲーム風の掛け合いを見せた二人は、仲良く結婚指輪をエアーで披露して会場を沸かせていた。