ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、人気ドラマ「13の理由」のサントラにも収録されている新曲「ティース」をリリース! MVはダークさとホラーを表現!?[動画あり]

「ティース」

オーストラリア出身の「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」が、新曲「ティース(Teeth)」をリリースし、ミュージックビデオも同時公開された。

バンドとして世界で唯一、デビュー作から3作連続アルバムが全米アルバム・チャート1位を獲得し、現在までに世界アルバム総売り上げ枚数が800万枚を突破するなど、バンドとしての領域を超えて、今世界で最も支持を受ける「5SOS」。

そんな「5SOS」が、新曲「ティース」をリリースした。「5SOS」は、今年5月に約1年3ヶ月ぶりにニュー・シングル「イージアー」をリリースし、「ティース」は今年第2弾となるシングルで、同曲は、ネットフリックスの人気ドラマ「13の理由」のシーズン3のサウンドトラックにも収録されている。

「ティース」は、ロックとニュー・メタルがミックスされた楽曲で、不吉なサウンドが特徴的でダークさも漂っている。歌詞には「君がぼくを愛しているのか、それとも死んでほしいのかわからない。ぼくを遠ざけてくれよ。それならぼくをここにいさせてほしい」「謝るために朝にぼくに電話をしてよ。すべてのウソがぼくの胸を躍らせる」「汚く戦い、でも君の愛がいとおしい。かわいげに話すけど、君のハートには牙がある」と怪しげに複雑な愛を歌っている。

また公開されたMVでは、メンバーたちが歯医者のような怪しげな実験室で、研究員たちに何かされ、そのまま現実から離れたようなダークな世界で苦しみ、そして歌う姿が描かれている。ボーカルのルークは同曲について「これまでの5SOSの曲とは似ても似つかないユニークな曲に仕上げられた」とコメントしている通り、「イージアー」に続き今回も、これまでの「5SOS」とはまた変わったサウンドの楽曲となっている。今後リリースされる新アルバムもこういったテイストになるのかも…?

【動画】ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー「ティース」

5SOS

「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」、兄的存在「ワン・ダイレクション」との世界ツアーを振り返る

2019年6月14日
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)

「ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」、住みたい国を聞かれ「日本」と回答[写真・動画あり]

2019年6月11日
5SOS(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)

5SOS(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)1年3ヶ月ぶりとなる新曲「Easier」をリリース! これまでにはなかったサウンドで【新生5SOS】を表現[MVあり]

2019年5月24日
マイケル・クリフォードと、クリスタル・レイ

豪バンド「5SOS」マイケルが、婚約を発表! ロマンチックすぎるプロポーズの詳細が明らかに

2019年1月17日