あんなに人気なのに・・ まだ意外にもグラミー賞を受賞したことがないアーティスト13組を紹介

左からニッキー・ミナージュ、「クイーン」フレディ・マーキュリー、ケイティ・ペリー

先日、第62回グラミー賞のノミネートが発表され、リゾが最多8部門、ビリー・アイリッシュが史上最年少で主要4部門にノミネートされたことが話題となった。今回pagesix.comでは、意外にもこれまでにグラミー賞を受賞したことがない人気アーティストたちを紹介している。

クイーン

伝説のバンド「クイーン」は計4回グラミー賞をノミネートされていたが、バンドが活動期間内で受賞することはなかった。しかし彼らの成し遂げた数々の偉業を讃えて、2002年に「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」で殿堂入りを果たし、2018年には特別功労賞生涯業績賞を受賞した。

ジミ・ヘンドリックス

ロックスターのジミ・ヘンドリックス。彼の音楽界への多大な影響は誰もが認めるだろうが、「クイーン」と同様、特別功労賞生涯業績しか受賞しなかった。一度ノミネートはされたが、ヘンリー・マンシーニに負けてしまった。

ケイティ・ペリー

ケイティ・ペリーは今までで13回もノミネートされているが、いまだ受賞されていない。しかし、「Teenage Dream」で、一枚のアルバムから6曲も全米チャート4位を叩き出すという快挙を成し遂げた女性アーティストはいまだ他にいない。

ボブ・マーリー

残念ながら、レゲエ音楽のレジェンドのボブ・マーリーは、人生で一回もノミネートもされなかった。

2パック

2パック(トゥーパック・シャクール)は6回ノミネートされたが、惜しくも受賞はしなかった。

ガンズ・アンド・ローゼズ

「ガンズ・アンド・ローゼズ」は全米で最も売れたデビュー・アルバムの記録を誇っており、ノミネートも過去3回されているが、いまだ受賞はしていない。

スヌープ・ドッグ

これまでに17回ノミネートされているラッパーのスヌープ・ドッグだが、残念ながら、まだ受賞したことはない。

ジャニス・ジョプリン

4枚アルバムをリリースしたにも、関わらず、ジャニス・ジョプリンは、1回も受賞されず。2回ノミネートされたが、どちらも彼女の死後だった。しかし、のちに彼女の偉業は讃えられ、特別功労賞生涯業績賞が2005年に贈られた。

ニッキー・ミナージュ

人気女性ラッパーのニッキー・ミナージュ。過去10回ノミネートされているが、一度も受賞したことはない。

ビョーク

いつも音楽の最先端にいるビョーク、彼女は15回ノミネートされているが、まだ受賞ならず。

ザ・フー

イギリスを代表するあの皆が知るロック・バンド、「ザ・フー」だがグラミー賞受賞歴はなく、いままで2回しかノミネートされていない。2001年になり、レコーディング・アカデミーが特別功労賞生涯業績賞を贈った。

ラモーンズ

「ラモーンズ」は歴史上最も偉大な100組のアーティストにも選ばれ、パンク・ムーブメントに大きな影響を及ばしたが、グラミー賞には届かなかった。

ダイアナ・ロス

最も成功した女性アーティストとしても選ばれているダイアナ・ロス、これまでに4回ノミネート歴があるが、受賞にはならず。それでも、2012年には特別功労賞生涯業績賞が贈られた。

ブライアン・マックナイト

ブライアン・マックナイトもスヌープ・ドッグと同様、過去17回のノミネート歴があるが、同じく受賞はいまだしていない。

The 1975 official photo 2019 Photo by Mara Palena

グラミー賞にノミネートされたThe 1975、最新曲「Frail State Of Mind」のMVを公開!フロントマンのマシューが “人間の弱さと優しさ”について歌う

2019年11月25日
PostMalone_アルバムJ写Final

第62回グラミー賞の2部門でノミネートを獲得したポスト・マローン、 H&Mにて「Runaway Tour」マーチコレクションを展開中

2019年11月22日
ビリー・アイリッシュ UICS-1350 WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO

「第62回グラミー賞」にて、ビリー・アイリッシュが史上最年少で主要4部門にノミネート

2019年11月21日
リゾ

第62回グラミー賞ノミネーション発表! リゾが最多8部門、ビリー・アイリッシュとリル・ナズ・Xが6部門にノミネート

2019年11月21日
アリシア・キーズ

第62回グラミー賞授賞式、前回に引き続き司会はアリシア・キーズに決定

2019年11月15日
tvgrooveをフォロー!